寿司と蝉

今日は自宅作業に勤しんでいたら昼になってしまった。

なんとなく「ちょっと良いもの」を食べたくなって、有名なお寿司屋さんに行く。ランチタイムは安いと聞いていたので。
普通の「お昼の寿司」も十分に安かった。そしておいしかった。好物の穴子が良い感じ。外の桟敷席で、寿司桶の寿司だけを食べる(フルーツなどは無し)というのも潔くて良い。
でも毎日限定10食の「500円寿司」も気になる。開店前に並ぶ年金生活者の列を見たことがある。たぶん僕はありつけないだろう。

近所にある、やはり名店と呼ばれる寿司屋にも、平日の昼間のみの安い寿司があると聞いた。「安いけれど、ほぼ助六寿司だった」とインターネットのレビューにはある。僕としては、名店の助六寿司なら食べてみたいと思う。稲荷寿司や太巻き、干瓢の細巻きなどは大好物なのだ。でも、ちょっといい店でそういう品を食べる機会は無い。

静岡の街には、稲荷寿司で有名な店があった。いつか行きたいと思いつつ、まだ店に入ったことがないのだった。

f:id:t_kato:20210715220733j:plain

夕方には自転車で近所を散策した。
まだ頭痛があるけれど、だからこそ気分転換は必要なのだ。
ものすごく蒸し暑くて、遠くに雨の予感もする。セミが一斉に羽化したようで、公園には冗談みたいな量の抜け殻が散らばっていた。

 

 それではおやすみなさい。
寝る前に豆を水に浸します。明日は豆カレーの予定。

 

 

今週のお題「寿司」