静岡 大黒屋の若鮎

f:id:t_kato:20210710212947j:plain

見た目どおり素朴な味わいの若鮎。
ちょうど鮎釣りの頃から売り始める。なんとなく買うのが、毎年の習慣になっている。

小さな和菓子を1個ずつ自分で選べるのがこのお店の良いところ。
裏からどんどん補充されるし、いつもたくさんの種類が並ぶので、店に行くことそのものが休日の楽しみになる。
家からは遠い。大抵は、城北公園の駐車場*1か、市立図書館を起点に散策がてらお店に行くことになる。

今日は自転車を使ったけれど、高温と高湿度で倒れそうになった。
人が多い要所ではマスクをつけるので、より辛い。

しかも帰路には少しだけれど雨にも降られた。和菓子だけは死守したが、財布が濡れてしまった。

 

f:id:t_kato:20210710213000j:plain

f:id:t_kato:20210710213013j:plain

そんな土曜日。
お店には訪ねネコの貼り紙があった。はやくみつかると良いのだが。

 

 

 

お題「気分転換」

*1:土日だけ路肩駐車が可能になる。