くったりの火曜日

f:id:t_kato:20210504234127j:plain

ようやっと“親戚関係”の作業が完了した。
いわゆる「終活ノート」も残されていて、素人の自分でも手続きや片付けができたから良かったものの、それでも親族が全て県外に住んでいて(親戚とはいえ)他人の自分が手をつけるのは面倒極まりない。いや、身近な人ならがんばっちゃう訳でもないのだろうが、でも子供の頃にはお世話になった程度の人の遺品整理などを行うのはやはり大変である。
とりあえず新型コロナのごたごたが終わって県外の人間が行き来できるようになったら総仕上げをできるくらいには片付けが済んだ。

 

おひとりさまの親と私の「終活」完全ガイド
 

 

片付けで見つかった保存食(缶詰やレトルト食品)は我が家の防災食料として貰うことに。どういうわけか無地の「飯缶」が数種類あった。これは自衛隊の保存食ではないか。夕食に赤飯の缶詰を食べてみたけれど、なかなかおいしかった。
子供の頃は防災訓練の後に、市販されている赤飯の缶詰を温めて食べたものだが、最近は全く見かけない。レトルトのご飯シリーズで十分という判断なのだろう。缶切りも要らないし、軽くてゴミも少ないから。

 

 

f:id:t_kato:20210504233700j:plain

それはそうとして、今日のおやつはマリアサンクのケーキ。
パイナップル・クリームパイ。
紅茶専門店でイギリスやフランスっぽいスイーツが多い店ではあるけれど、たまに並ぶこういったエキゾチックな品もおいしいのだ。クリームのこってりした感じが、一般的なケーキ屋のそれと少し違う。

 

 

遠方に住む友人とビデオ会議で愚痴を言い合う。
お互い、ちょうど一年前に実家に戻ってきた身。「旅行に行きたいねー」なんて話をした。動物園や水族館の趣味も共通しているのだが、「今はちびっ子達に譲らなきゃねー」とも話す。こういうことは言葉に出さないとしんどいのだった。SNSに書いても鬱憤は晴らせない。

 

草木鳥鳥文様 (福音館の単行本)

草木鳥鳥文様 (福音館の単行本)

  • 作者:梨木 香歩
  • 発売日: 2021/03/12
  • メディア: 単行本
 
物語のものがたり

物語のものがたり

  • 作者:梨木 香歩
  • 発売日: 2021/03/18
  • メディア: 単行本
 

 とにかく疲労が溜まっている。
面倒事が片付いたので、明日からは荒れた部屋を片付けたい。

今日はもう寝ます。おやすみなさい。

お題「大好きなおやつ」