アスパラガスとたまご

f:id:t_kato:20210415223757j:plain

雨と日照と暖かい空気のせいか、庭のアスパラガスが一気に伸びてきた。
今日はお昼*1に食べることにする。

一人分でたくさん食べる野菜ではないが、でもおいしいから食べたい。
四国で教わった春らしい食べ方を試してみた。

  1. アスパラガスを収穫し、洗っておく。硬い部分はピーラーで剥く。
  2. 鶏卵を溶く。普段の卵焼きやオムレツより念入りに。とろっとろのふわっふわを目指す。
  3. フライパンにアスパラガスを並べ、少しの水を加え短期間の蒸し煮にする。採れたてなので加熱は控えめ。
  4. フライパンを洗い、多めのオリーブオイルとバター少しを加えて熱する。
  5. 卵液を入れて、やわらかめのスクランブルドエッグを作る。
  6. アスパラガスにスクランブルドエッグをかけて、胡椒を多めに振る。
  7. 塩をかけて食べる。

味の秘訣は、多めの油脂。オリーブオイルでもバターでも、その両方を使うにしても、「外食かな」ってくらいにたくさん使う。卵と油脂がソースみたいなものだ。

付け合せには、同じフライパンでトマトを温めてみた。実家の周辺は2月から甘くて濃い味のトマトが無人販売で売られているのだ。

アスパラガスとパンで満足の昼ごはん。ちなみに写真は撮り忘れた。

 

 

 

*1:午後から自宅作業