プラム・ケーキのにちようび

思い出して良い気分になる食べ物がある。
今日のおやつに食べた、笠井珈琲店の「プラムケーキ」が、まさにそれだ。

f:id:t_kato:20210207230735j:plain

笠井珈琲店は広くない。
駅にも近く客も多いし、混雑が心配だった。
コーヒーを飲みたいけれど店の状況によっては持ち帰りもやむ無し、と考えていたのだが杞憂だった。

なにしろ静かだ。
二人連れ以上の客でも騒がしく話す人はいない。喋る時にはマスクをして、食べる時には黙っている。店主達が近くを通るときには会話を止める。
店の窓も入口も少し開けてある。
「時勢により長居せず静かに過ごしてください。窓を開けているため服装に気をつけてお過ごしください」とメニューの隅に書いてあるだけで、きちんと店の衛生ポリシーを読み取り実行するお客さんばかり。
だから安心して気持ちよくコーヒーの時間を楽しむことができた。

f:id:t_kato:20210207230556j:plain

その笠井珈琲店で注文したのは、コーヒーと1/2アイスコーヒーのセットをミルク無しで*1。そしてケーキはプラムケーキ。
バタークリームっぽいベージュのクリームと、濃いプラムの酸味は紅茶にも合うのではないか、とコーヒーをがぶがぶ飲みながら思ったのだった。

うん、良いおやつだった。
他にも色々あったけれど、書くべきことはプラムケーキ。そういう日が続けばいいと思う。

 

 

きらきらひかる (新潮文庫)

きらきらひかる (新潮文庫)

 

 

 

*1:注文時に「ミルク無し」を宣言すると、コーヒーの量が少し増える。でも飲んでいる途中で注ぎ足してくれることも多いので、ミルクが要る人は量のために我慢することは無いと思う。