今日も向かい風

親戚の用事で夕食後からどたばたして、先ほどようやくお風呂に入った。
ねむい。

全体的に平和な1日ではあった。
晴れていたので自転車で仕事に出たが、気温は低く風は強く、そして当然向かい風。
それでも時間があったので行きも帰りも遠回りをして走ってみた。
筋肉痛にはならないものの、足に疲れが残っている。

f:id:t_kato:20210204235647j:plain



そういえば今日は久しぶりにお弁当を作った。写真は無い。
昨年の今頃は独り暮らしをしていて、毎日の昼食はお弁当にしていたのだった。弁当作りのコスト*1より近所の讃岐うどん店のほうが安い香川県ではあったが、それでもあれは良い習慣だったと思う。

あの香川県生活では、「軽食としての讃岐うどん」を食べる高松市原住民に驚いたものだ。しかしいま、静岡の市街地や幹線道路沿いに点在している「丸亀製麺」や「はなまるうどん」を見ると「小腹がすいたから食べていこうかな。夕食まで3時間くらいあるし…」と思っている自分に驚くことがある。

 

 


人間は身体も脳も、食べたものでできている。
香川県の暮らしでは、うどん的な何かが、僕の脳細胞を改変したのだろう。その何かは、穏やかで控えめで無個性な静岡の食生活では上書きされず、今も残っているのかもしれない。
あまりに長く続くようなら精密検査を受けるつもりだ。でも、静岡の風土に馴染む真っ当な人間になる処方箋は「おでんと山葵とみかんとお茶を大量摂取しなさい」しか考えられない。それもまた大変である。

 

静岡百景

静岡百景

 
ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景

 

 

お題「気分転換」

 

*1:180円のうどんに、100円の天ぷらを付ければお腹いっぱいになった。原住民のみなさんは、そこに別の炭水化物(巻き寿司など)を足すので、わけがわからない。