ガストの安いランチ

故あって、昼食の時間をガストで過ごした。

学生の頃は、ファミリーレストランの中でもガストは飛び抜けて安かった。
最近はめっきりご無沙汰になっていたが、今日は近くに他の店もなく、半ば強制的に入店することになったのだった。

f:id:t_kato:20210119231916j:plain



平日の正午過ぎだからか、学生たちが騒いでいるようなことはなかった。妙にひっそりしているのは、衝立てなどの新型コロナ対策のせいか。店内の3割以上が、1人用のカウンターに改装されていた。

安いだけあって、衝立はプラダン。
メニューがずいぶん少ない感じ。
しかし、ほかほか弁当より安い値段で、暖かい店内とWiFiと、他人から距離を取れる空間が得られるのだから素晴らしいではないか。

今日はとびきり安い、日替わりランチを食べた。
鶏を揚げて甘辛いソースをかけたもの、かぼちゃコロッケ、キャベツとかいわれ大根、薄いスープ、パンと水。

f:id:t_kato:20210119231044j:plain

学校給食っぽい。
いまどきの社員食堂のほうが華がある。
たぶん、ほかほか弁当のほうが、外食の喜びを得られるはずだ*1
この日替わりランチは意図的に質素にしているように思えた。メニュー画像*2も、食器も、他のランチセットと変えてある。

でも満足。
ここにドリンクバーを足せばコーヒーと野菜ジュースも飲める。パソコンに充電もできる。

 

 

ちなみに今日は寒かった。
寝不足でも、寒空の下を自転車で走れば目は冴える。
でも、暖かい部屋に行くと、魔法のように眠くなってしまう。仕事でなければ、5分だけでも睡眠をとりたかった。
同じことがガストでも起こった。コロッケをフォークで刺しながら寝てしまうところだった。友人の子供(2歳)が食事中に寝ていたことを、ふと思い出した。

 

ねむり

ねむり

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2010/11/30
  • メディア: ハードカバー
 

 

そんな火曜日。
帰宅してから、1時間だけぐうぐう寝てしまった。そのせいで今は眠くない。
でも寝ます。明日も忙しい。

 

百年と一日 (単行本)

百年と一日 (単行本)

  • 作者:柴崎 友香
  • 発売日: 2020/07/14
  • メディア: 単行本
 

 

*1:当初は、お弁当かパンをそのへんで買って、公園で食べようと思っていた。風が強くて断念した。

*2:知らないうちにタブレットで注文するようになっていた。21世紀だ!