冬至にガトーバスク

こりゃあ心身が駄目になるぜ、という出来事が朝から連続した。
こりゃあ大変だ、ということで新静岡駅の近くに行ったついでに、強引に時間を作って「笠井珈琲店」へ寄ることに。
本来、こんな使い方をする店ではない。もっとリラックスした時間と状況で楽しみたいところ。

 

とはいえ、自身の事情は別としても長居できない点は、昨今の情勢を鑑みると許容すべきだろう。
メニューの隅にも「非常識に長く滞在しないでくださいね」といった意味の言葉が書かれていた*1

f:id:t_kato:20201221231550j:plain

そんな今日のおやつは、ガトーバスク
この店で、最も素朴な焼き菓子だ。

アーモンド粉とカスタードとバターと小麦粉。洋菓子の基本みたいな味だが、こんな地味なものがくせになるおいしさ。特にコーヒーとの組み合わせが好きだ。

暖かくたっぷりのブレンドコーヒー*2と、1/2サイズのアイスコーヒー*3も合わせて、大満足。

 

 

無理しても行けてよかった。
この時間のせいで、あとで大変な思いをしたのだけれど、それでも。

そして大変な状況は今も続く。
ちょう慌ただしい。こりゃあしんどい。静岡弁でいうところの「えらい」状況である。

 

 

お題「気分転換」

 

*1:コーヒーと紅茶とケーキの専門店ではあるが、コメダ珈琲のような「おしゃべりの場」に使う人もいないわけではない。だから、こういう一言はありがたい。

*2:ミルク抜きだと少し量が増える。

*3:甘くてクリームがたっぷり。