新清水駅周辺散策:インド・ネパール料理店MITRA

f:id:t_kato:20201030231015j:plain

ITお手伝い仕事のギャラが「GoToイート*1」のチケットだった。食事にしか使えないけれど、その分だけ割高な報酬となっている。現金とどちらが良いか聞かれたけれど、面白そうなので今回はチケットを選んでみた。

 

そして、ちょうど行きたかった店でチケットを利用可能だったため、ちょっと行ってお昼ごはんを食べてきた。

f:id:t_kato:20201030230818j:plain

静岡鉄道 新清水駅から徒歩1分にある「MITRA」。
見た目は普通のインドカレー屋さんだけれど、ちょっと凝ったものもある。
前に行った時は、セットメニューのデザートがインドのお菓子だった。

今日は残念ながら、インドのお菓子(名前は忘れた)はメニューに無かった。ドーナツを小さくちぎってシロップに漬けたような甘いお菓子、ほんとうにおいしかったのに。

しかし今日食べた「ダルバート」もおいしかった。
ランチでは少し高めの価格*2ではあるけれど、選んで特をした気分。

ダルが豆、あるいは豆のスープ、カレー。
バートは米。この場合はパスティス・ライス。香りの良い長粒種だ。
数種類のおかずがついて、カレー(2種類)を混ぜ合わせながら食べるワンプレートの定番おひるごはん、それがダルバート。ネパール旅行の本で知ったけれど食べるのは初めて。

でも、この食べ方は最近よく見かける。
南部インドやスリランカのカレー、それからスパイスカレー屋を謳う店でも当たり前になった。単品でおいしいものを混ぜるなんて…と思いながら混ぜるときちんと味わいが増すから不思議。

 

ひとりぶんのスパイスカレー

ひとりぶんのスパイスカレー

 
世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-
 

 

おいしかった。でも、この種のランチはお腹がいっぱいになる。
長粒種のお米を山盛り食べると、店を出たあとで辛い。

f:id:t_kato:20201030230921j:plain

f:id:t_kato:20201030230932j:plain

今日はふうふう言いながら、新清水駅の周辺を散策してきた。

新清水駅の周りは、散歩にはちょうど良い。
古い繁華街、商店街が2方向に伸びている。JR清水駅前に向かう清水駅前銀座も、旧東海道の銀座商店街も、どちらも寂れてはいるけれど、古い建物を眺めながら歩くには良いところだ。
高松市のアーケード街をミニマムにした感じもするのは、港町かつ商都だったからか。駅の周辺は道と川が複雑に交わっていて、風景が面白い。
子供の頃には大人に連れられて歩いた町でもあるから、懐かしさもある。

 

mitra2017.com

 

夕食は普通に食べられたけれども、なんとなくお腹に熱を感じる。
これがスパイスの力か。
私鉄の駅前ということで用事がなければなかなか行く場所ではないものの、チャンスがあれば逃さず寄りたい店、それが自分にとってのMITRA。おすすめです。

 

お題「気分転換」

 

お題「ささやかな幸せ」

*1:奇妙な名前だが、この国ではもう当たり前の表現になってしまった。Christmasからキリスト教成分を抜いてクリスマスにした国だから、この程度は容易い。

*2:最も簡素な、ナンとカレーとサラダのセットが「ビジネスランチ」という素敵な名前だった。ビジネスランチでも、カレーが具沢山で満足度が高い。