四国には無いお店

パソコン関係の相談事をフォローするために、サイゼリヤで知人と会ってきた。
そういえば四国に住んでいる時には一度も行かなかった。というか、四国には無いチェーン店だった*1

https://www.instagram.com/p/CCvlXOyJDbz/

特に行きたいと熱望することもなかったけれど、行けば見どころが多い店だ。
僕は豆の温サラダが好き。これだけ丼で注文できないかしらん。
ちなみにティラミスを食べた。僕のものだけ山盛りだったのは不思議ではある。シェフがイタリア人だったのかもしれない。


ミラノ風ドリアは学生時代から変わらず安いし、壁にはミケランジェロの絵(の一部を切り取って拡大したもの)が掲げられているし、建物の中央部天井には天井画まである。うっかりすると「名古屋のアクが強い喫茶店」になりそうなところを、強引に「サイゼリヤルネサンス様式」でまとめているところが素敵だと思う。

パソコン相談は円滑に進んだ。
マスクを付けたままコーヒーを口に運んだ事以外は、トラブルも無い。

 

 

しかしサイゼリヤ、現金しか受け付けないのは困る。
まだ預金の大半を四国の銀行口座に預けたままで*2、財布の中身が小学校高学年レベルなのだ。

幸いなことに、財布の隠しポケットには非常用の2千円札が入っていた。
今日はこの2千円札で支払いができた。しかしレジでは店員さんが少し混乱していた。若い人だと、見たことがないのかもしれない。よくできた玩具に見えた可能性はある。お札を受け取った店員さんが黙って奥に消えた時は、僕のほうが焦ってしまった。何か変な事をしたのかと、とりあえず反省したくらいだ。

 

ダイナミックフィギュア(上)

ダイナミックフィギュア(上)

 
ダイナミックフィギュア(下)

ダイナミックフィギュア(下)

 

 

そして今、現金不足のまま週末に突入しようとしている。
遠出をする予定も無いので、何とかなるだろう。でも少し不安。
この歳で、親にお金を借りるのは嫌だ。本でも売ろうか。

 

ナンダロウアヤシゲな日々─ 本の海で

ナンダロウアヤシゲな日々─ 本の海で

  • 作者:南陀楼 綾繁
  • 発売日: 2016/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
町を歩いて本のなかへ

町を歩いて本のなかへ

 

 

お題「気分転換」

*1:無くても全く支障が無いのが、大規模チェーン店の良いところだ。

*2:コンビニのATMなら手数料無しで引き出せるのだが、つい面倒で放置している。カードその他の引き落とし先を静岡の銀行に移すのも面倒なので。