転入手続き/シネ・ギャラリー会員登録/ピーチ・メルバ

転入手続き

f:id:t_kato:20181104124511j:plain

引っ越したので、住民票の移動その他の手続きをしてきた。
特にマイナンバーカード関連の窓口が混雑していた。ただ混雑していただけでなく、4人の担当者のうち2人が、それぞれ「問い合わせのふりをして持論を語り続けるおじさんorおじいさん」にかかりきりになっていたのだ。つまりこの市のマイナンバー手続き能力は、2人の男性によって半減させられていたのだ。
持論といっても、本当に他愛のないもの。「将来的に、個人資産も全て把握される管理社会になる!」とか「結局、我々はどの程度の得があるのか!」といった、窓口担当者に言っても仕方がない事ばかり。

変な話、ああいう男の人が勝手なことをするのは、担当者がおとなしい女性だからだと思う。30分くらい拘束していたのだが、カウンターの奥から課長らしき人が声をかけたら、それで話を打ち切って帰ってしまった。

役所のカウンターでは、目的外の利用時間については、別料金を請求しても良いと思う。もちろん金さえ払えば相手を拘束しても良いわけではなくて罰金。そして8割くらいは、窓口担当者に渡して欲しい。

自分ははじめて、マイナンバーカードを活用した転出・転入手続きをした。
それほど書類が減った印象は無い。転出時に何も渡されない(手続きの方法を書いた紙は貰った)こと、年金関係が完全にペーパーレスだった事くらいだろうか。

 

 

シネ・ギャラリー会員登録

静岡のミニシアター「シネ・ギャラリー」で会員登録をしてきた。
レギュラー会員になれば、2回の無料鑑賞券が貰える。さらに毎月、映画のチラシとパンフレットがどっさり送られてくる。料金の割引もあるし、スタンプがたまれば、また無料鑑賞ができる。会費なんて安いものだ。
しかも、映画館に行く習慣ができる。なんであれ、習慣になると趣味は深まる。たとえ無料チケットであっても同じことだ。

今年は映画館の新型コロナ対策という側面もあって、この会員募集が延長されていた。具体的には明日(6/30)まで手続きができる。
なので今日、ちょっと行って、ぱぱっと手続きをしてきた。
何年かぶりに、財布に会員証がある。静岡に帰ってきた!という気分になる。

 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

 

笠井珈琲店

https://www.instagram.com/p/CCAsNulpqot/

 

せっかく静岡の街まで出たので、おいしいものを食べたい。
ということで、新静岡駅の近く、かつての「ブーケ」である「笠井珈琲店」に寄ってみた。

この季節だけのスペシャルメニュー「ピーチ・メルバ*1」とコーヒーのセットを注文。
ピーチ・メルバにも色々あるが、1個分の桃と手作りアイスを組み合わせた、この店の豪快な品がいちばんおいしい。器もかわいい。
茶店らしい濃いめのコーヒーにも不思議と合う。

驚くべきことに(と言っていいと思う)、店主は僕のことを覚えていた。
マスクも付けていたのに、である*2
サービスで追加のコーヒーを注ぎながら「何年ぶり…ですかね」と聞かれたのだ。
ちょっと驚いた。
帰省しても、この店に行けないこともあったから、たぶん2年ぶりだろう。あるいは、「ピーチ・メルバの時に来る中年男性客」として季節限定の覚えられかたをしていたのかもしれない。普段は、かなりぶっきらぼうな老店主だけれど、話すと面白いし、コーヒーやケーキのサービスがすごいのだった。

大好きな店。気になるケーキも色々あった。また行こう。

 

静岡 カフェ日和 ときめくお店案内

静岡 カフェ日和 ときめくお店案内

 

 


なぜか四国生活では、スイーツに関しての熱狂が醒めていた。今なんとなく、娯楽としての甘いもの食べ歩き熱が高まっているのを感じる。

 

アヲハタ 55 ピーチ・メルバ(白桃・ラズベリー) 150g×2個

アヲハタ 55 ピーチ・メルバ(白桃・ラズベリー) 150g×2個

  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: 食品&飲料
 

お題「大好きなおやつ」

 

 

*1:豆知識:メルバは人名。

*2:友人知人からは「全く目立たない人間だね」と言われるけれど、甘いもののお店ではわりと顔を覚えられるのだった。