たくさんの切手

長野県に住む友人たちに小包*1を送ることにした。
梱包は昨晩に済ませ、今日は窓口で料金を教えてもらう。
その料金分の切手を、切手ファイルから選んで並べる。

https://www.instagram.com/p/CA44F95J5Ke/

 

 

学生時代から、記念切手の類を買っている。
定期的に、という程でもない。好きなデザインや企画のものがあったら、その時だけ購入する。例えばふみの日ディック・ブルーナ切手がそう。他にも、好きな漫画や映画、絵本の切手も買うことがある。動物系も多い。年賀はがきや年賀切手を交換した、半端な額の普通切手もそれなりに持っている。
切手コレクターではなくて、雑貨を買うような感覚で、半ば衝動的に買った結果が、僕の切手ファイルである。

 

しかし成人男性が切手を使う機会は少ない。
少なくとも失業中に履歴書送付用に使うのは躊躇われる。99%、人事担当者の目に留まることは無いにせよ、タイムボカンシリーズの切手を1%の危険性*2に賭ける理由もないから。

 

あとは切手を、一枚貼るだけ (単行本)

あとは切手を、一枚貼るだけ (単行本)

 

 

そんなわけで、僕の切手ファイル*3は充実している。
だからこそ、今日のような機会を逃さず使う。現金*4をわざわざ使うのは勿体ない。

とはいえ、今は切手用の濡れたスポンジが、郵便局内には置かれていない。
おそらく疫病対策だろう。

だから切手と小包を、揃えて窓口に出すことになる。

こういう場合、郵便局の通常の対応は「切手を料金として収納し、小包には貼らない」である。切手を貼り、判を押す手間が省ける。料金レシートを出せば完了する。

しかし今日の窓口担当の方は、僕の出した様々な切手を見て「これ、貼りたいですよね」と気づいてくれた。900円と少しの切手、10枚以上はある。それぞれ形も色も違う。ならば貼って、小さな小包の箱をカラフルに彩るのも素敵ではないか。そう考えてくれたのだった。

僕は公務員に、ここまでのサービス心は求めない。
「実は、ぜんぶ貼りたいのですが…」と、僕が相談するべきだった。

でも相手が気づいてくれた。「貼りたいですよね」と言ってくれた。
「わかってるじゃん」と思った。カウンターにビニールの仕切りが無くて、相手のノリが良ければハイタッチしていたかもしれない。

雑貨としての切手について、意外と鈍感な人が多い郵便局。今日のあの人は素晴らしかった。
素敵な貼り方をしてくれると期待している。

 

miffy シール切手

miffy シール切手

  • メディア:
 

 

 

それが今日の出来事。
他はまあ、それなりに過ごした。図書館に本を返却し、実家に電話をして、洗濯物を畳んで、読書をした。おやつには先日焼いたパウンドケーキを食べた。夜はiMacで少し作業をした。そして今から寝る。

平和な1日が終わった。引っ越しまで1ヶ月を切った。なんだか落ち着かない。

 

Casa BRUTUS特別編集 美しい住まいの教科書

Casa BRUTUS特別編集 美しい住まいの教科書

  • 発売日: 2020/03/24
  • メディア: Kindle
 

お題「自慢のコレクション」

お題「ささやかな幸せ」

 

*1:正確には「ゆうパック」。

*2:就活的には間違いなく危険だろう。僕だったら、「おっ、タイムボカンの切手だ。採用!」とは考えない。

*3:普通のA5サイズのクリアファイル。

*4:銀行には滅多に行かないし、失業中なので少しでも節約したくて、財布の現金は少なめにしている。日常の買い物をカードや電子マネーで済ませて、家計簿アプリでの管理を楽にするという狙いもある。