さよなら5月

f:id:t_kato:20200407232237j:plain

まだ明け方にもならない時刻に目が覚めてしまった。
理由はわからない。少し暑く、変な夢を見ていた気がする。
そして不思議な空腹感がある。無視してもいいが、気にはなる。それくらいのお腹の空き方。

もう起きてしまおうか、ととりあえずトイレに行きながらパソコンのモニターをいれる。ついでにお湯も沸かし始める。どうせすぐには眠れそうにない。

 

目覚めたら真夜中

目覚めたら真夜中

  • 発売日: 2013/11/20
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

なんとなく開いたYouTubeのおすすめページでは、アメリカのドラゴン宇宙船の打ち上げまで15分を切っていた。
アメリカからの有人ロケットはスペースシャトル以来。そして今回は民間開発である。
歴史的瞬間ならば見るしかない、と動画だけ眺めることにした。

 

 

新しい宇宙船は、とても格好良い。
まず宇宙服がスマートだ。そして操作盤が全てタッチパネルの大型モニターになっている。どうせ宇宙飛行士が操作するような事は無いのだから、モニターでかまわないのだろう。映画ではないのだから、操縦不能に陥って回転に耐えながらレバーを操作するような事態は存在しない。そういう時は、管制センターが何とかする。非常時にメニューを開いてタップやらスワイプをする暇は無いのだ。

そして今日の終り、23時50分ころに国際宇宙ステーションにドッキングをする。
それまでの間、2人の宇宙飛行士は何をしているのだろうか。
7人乗りのドラゴン宇宙船だからスペースはある。仮眠をして、2人で低重力環境を楽しんで、何かしらの実験をするのだろうか。
それとも、素敵に未来的な椅子に座って、自慢の大型モニターで映画でも楽しむのか。
丸い窓もあるから、眼下の地球を眺めることもできる。

 

なんだか世界が美しいのは (ホーム社書籍扱コミックス)
 

 

さてそんな5月最後の日、僕は特に何もしてない。
近所に見える山(瀬戸内にありがちな、おにぎり型の山)に登ってみようと近くまで行ったら、ちょうど害虫駆除の最中で、今日は登れないという。毛虫とダニが大量発生しているそうだ。
そうでなくても、頂上近くにある神社(他に目的地は無い)に至る道は、かなりの急斜面だという。
以前、他の山に登ったときも、山の規模に比べてとても斜面は急だった。果樹栽培や林業に活用されていないので、人が登れる階段を最短距離で敷いてしまうのが、この種の山の特徴のようだ。

四国を去るまでに、あと1回くらいは登っておきたいのだが。雨も増えるし、暑い日も多くなる。登るのなら今のうち、でもつい後回しにしてしまう。
でも毛虫もダニも嫌だなあ。ヒルにも気をつけろ、と立て看板があった。やはり、屋島などの、クリーンでイージーで、車で行ける場所に行くべきだろうか。

 

 

お題「#おうち時間

お題「ささやかな幸せ」