どうしてだろう、四国にいるよ。

 

Jリーグの技あり寮ごはん

Jリーグの技あり寮ごはん

 

 

今日から新入社員(中途採用)として本州の会社で働きはじめた。
しばらくは寮暮らしとなる。

 

と昨日まで書いていたのに、今は四国のアパートでこの日記を書いている。
別にエイプリルフールというわけではない。

 

様々な事情があって、一旦帰宅したのだ。

  1. 今夜、前職までお世話になった方の通夜*1に参加することになった。
  2. 寮の生活用品がまるで足りない。
  3. 寮生活用にまとめた荷物(トートバッグ1つ分)を車に積み忘れた。
  4. 寮生活と明日からの仕事に不要なものもいくつかあった。

だいたいこの4つの理由により、仕事を終えたあとに四国に戻ることにしたのだ。

1.だけならば、お通夜を終えたら、そのまま本州の寮に戻ればいい。
往復で2時間と少し。ちょっと慌ただしいけれども、明日はきちんと仕事に行ける。

2.と3.は無視できない。とはいえ、これだけなら、もしかしたら不便を我慢していたかもしれない。
寮は、いわゆるシェアハウス、というかシェアハウスを買い取って社員寮にしたらしい。いちおうの台所用品などは揃っているけれども、「枕」や「ハンガー」といった、ありそうで無いものも多い。まだ毛布だって要るかもしれない。
3.の荷物はパジャマやUSB充電器。なければそのへんで買ってもかまわない。


でも、1.のために瀬戸大橋を渡っている時に考えたのだ。
こういったものは、アパートに戻れば、全部揃う。僕は枕だって、3つ持っているのだから*2
時間と金額を考えると、四国と本州を往復するほうが割安なくらいだ。それくらいに、ショッピングモールで生活用品を揃えるのには時間がかかる。

それに、必要にかられて「そのへんで買って揃える」を続けると、欲しくもないものを買うことになる。パジャマ1セットだって、本当に必要なときに、十分吟味して買うのと、そうでないのとではぜんぜん違う。充電器は一生分持っている。

そもそも、今のこの時期に、わざわざショッピングモールや100円ショップを徘徊したくはない。ちょっと頑張れば「不要不急」ではなくなる外出は避けるべき状況だろう。

4.は、スーツなどのこと。
普段の仕事は「知事の防災服」みたいな上着を着て、下はビジネスカジュアルで良い。別に今日わざわざ持ち帰らなくても良いのだけれども、換えのワイシャツなども荷に含めていて、意外とかさばっていた。

 

博物戦艦アンヴェイル (ハルキ文庫)

博物戦艦アンヴェイル (ハルキ文庫)

  • 作者:小川一水
  • 発売日: 2020/02/13
  • メディア: 文庫
 

 

それでも最初は、お通夜のあとにアパートに戻り、お風呂に入って一息入れたら、あらためて荷造りをして、えいやっと本州に戻るつもりだった。
職場と寮は近いから、明日の朝に余裕ができる。

でも今はそんな気分にはまるでならない。
夜中に寮で荷物の搬入なんてしたくないし(まだ住人と挨拶もできていない)、なによりも、さすがに初日は疲れた。
瀬戸大橋の景観は素晴らしいけれど、1日に3往復もしたくない。

今朝だって、ちょっと早起きして、十分に余裕を持って到着できた。
だから明日も早起きして、四国から本州に「出勤&入寮」しようと思う。

 

https://www.instagram.com/p/B-cDH1wpIuz/

髪が乾く間に、荷造りを済ませて、今日も早めに寝ます。おやすみなさい。
写真はいただきものの苺大福。苺が外形に影響していないタイプだ。

 

 

お題「これって私だけ?」

*1:無宗教なので、内々の「お別れ会」

*2:実家を出るときに「片付けたら出てきた。持っていきなさい」と親から渡された。割れ物運搬時のクッションに使った。