ガラパゴスに行くわけじゃないから

明後日からは本州で新しい仕事に就く。そして期限未定の寮暮らしが始まる。
就職内定の連絡が来たのが数日前、その時は必要な書類や品物(住民票の写し、スリッパ等々)だけを電話で聞いたのみ。
困ったことに、どのようなタイプの寮なのかが全くわからない。

f:id:t_kato:20181105111314j:plain

自分で調べた限り、寮といってもワンルームのアパート、会社が借り上げているタイプのようだ。
でもキッチンや家電のことも、間取りもわからないから、とりあえずは長期出張や海外旅行の気分で準備をするしかない。

とはいえ初日から大きなスーツケースを抱えていくのも格好が悪い。
数日間の出張なら何度もしてきたから、その時のキャリーケースと、大きめのビジネスバッグ、そして車には折り畳み自転車を積んで、とりあえずは凌ごうと思っている。
食事は外食になるだろう。幸いなことに、幹線道路沿いのチェーン店が豊富なエリアらしい(おしゃれなカフェなどは皆無な予感がしている)。
一応、ナイフやカップの類は車に入れておく。それだけでも自炊環境がまるで違ってくるので。毎日、牛丼屋に行くのも大変そうだから、今までの長期出張と同じく、スーパーマーケットでカット済み野菜やパンを買って凌ぐことになるだろう。

f:id:t_kato:20181105111303j:plain

 

今日は寮暮らしにおいて最も使用するであろう、ノートパソコンの設定やデータ整理を済ませた。というか、そればかり進めていた。
これでアパートのiMacNASと綺麗に連携できる。「インターネットにはつなげることができません」なんて言われても、見るもの読むものに困らない状態にしてある。

f:id:t_kato:20181104111045j:plain

まあいいや、ガラパゴス諸島に行くわけではない。行くのは岡山県である。
どちらかといえば、岡山県よりは香川県のほうがガラパゴス諸島に近いと思う。

数年前のあの旅では、小さな洗濯板からビーチサンダルまで、色々と考えて持っていった。
それでも島に渡った時には「最も小さなスーツケースだ」と、ガイドやポーターさん(船に荷を運んでくれる人)に笑われたものだ。日本人は総じて荷物がコンパクトだが、君はとびきり小さいじゃないか、という意味の言葉(たぶん)を英語とポルトガル語で言われた思い出がある。

 

f:id:t_kato:20181105111331j:plain

週末には四国のアパートに戻るし、4月1日からは数日でその週末になる。
だからまずは様子見。

むしろ今回のこれが旅だと考えると、部屋の片付けが不十分だ。
明日は部屋の片付けをがんばる。今からお風呂と洗濯を済ませる。

お題「行きたい場所」