YouMeタウンの福引き!

4月からの寮暮らしの準備のため、どうしても必要なものがあってショッピングモールに行くことになった。
温存しておいたマスクを使い、買う品や経路も考えて、自分としては出来る限りの「不要不急」要素を減らして、いささかの緊張とともにゆめタウン高松店へと赴いた。

goo.gl

途中で見かけるドラッグストアは「マスク入荷予定無し」と大きく表示されているし、たまに行くうどん屋さんは「安全の保証ができないため不本意ながらしばらくの間は臨時休業します」と貼り紙がある。

 

 

だからゆめタウン高松店も、ゾンビ映画の一歩手前くらいの雰囲気ではないかと予想していたのだけれど、全く違った。
ごく普通の週末、いやそれよりも繁盛しているのではないか。

なにしろ1階の真ん中では、長い行列ができていた。
警備員さんが途中で列を区切って、歩行者のためのスペースを作るくらいに長い行列だ。なんの行列か(マスクか?生活支援か?)と見てみたら、オープン30周年の「スーパー特別ご招待会『ゆめくじ』」である。
1回1000円で、空くじ無しの「ゆめタウン商品券」がもらえるというもの。

 

https://www.instagram.com/p/B-UbGzXpa0F/

 

はっきり言おう。こんなものは、延期すればよろしい。
皆、昨今のニュースを見ていないのか。
安倍総理の、心がこもった(ただし具体性が皆無の)昨日の緊急記者会見は?
SNSで伝えられる世界の惨状は、東京都知事の要請は、他人事か。何のつもりで、先週みんなはトイレットペーパーを、そしてマスクを買い占めたのか。
もしかしてこの人達は、ウイルスが瀬戸内海を渡らないとでも思っているのか。
これではYouもMeもタウン全体で感染してもおかしくない。もしも今日のゆめタウン高松で感染者が出なくても、それは運が良かっただけだ。そして僕たちは、いま衛生管理を運任せにできる状況ではない。

静岡の言葉でいうところの「やっきり*1する状況である。

 

youtu.be

もしかして僕たちは、津波が家を押し流さない限り、本気で真剣になれない国民なのかもしれない。
欧州のように感染病に対する歴史的な恐怖心も無いし、納税者として国をとことん使ってやろうという意識もない。「状況は政府も理解している。ただいま誠心誠意、検討を続けているので、国民の皆様は各自できるかぎり自重して欲しい、自分のカネでよろしくー」と言う総理大臣の支持率が高いことも、当然なことかもしれない。

 

 

愛と幻想のファシズム 上下巻セット
 

 

家に帰る途中では、結婚式も開かれていた。
いわゆるガーデンウェディング。結婚式場の庭園で、新郎新婦もマスクをしていて、そのことも含めて楽しそう。
もちろん彼らなりの覚悟や考えがあっての開催だろう。病気が怖くて不参加を決めた招待者もいたかもしれない。
様々な事情があるのだから、「不謹慎狩り」みたいなことはしたくない。赤の他人としては、幸せを祈るだけだ。

 

 


ただ困ったことに、ウイルスは人の事情を斟酌しない。
あの大震災と原発事故のときに、放射性物質放射線が、完全に物理法則にのみ従って拡散し、影響したように。
そしてあの時に「放射能」そのもので亡くなった人は1人もいなかったけれども、この新型コロナウイルスは違う。

たぶん僕は罹っても、生き残る確率は高い。でもお年寄りはどうだろう。僕は間接的に人殺しになるのかもしれない。
そう考えると真剣にならざるを得ないし、普段から「命が大切」を言っている人達が、福引き*2をしているのだとしたら、なんともいえない気持ち悪さを感じる。ある意味、病気より怖い。

 

天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)

天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者:小川 一水
  • 発売日: 2010/03/05
  • メディア: 文庫
 

 

 

ごく個人的な考えになるけれど、この事態を「戦争」だと考えると、2週間くらいならば、企業活動もショッピングも原則として禁止(リモートワークや治安維持や生活物資の買い出しを除く)しても、それほど無茶ではないと考えている。
今の政府が考える憲法改正も含めた統制ではなくて、感染症対策としては歴史的に何度も繰り返されてきた「カネを燃料にして走る」ようなやり方だ。でも、人が死ぬよりはいい。そして幸いなことに、我が国はまだそれができる余力がある。

えいやっ、と社会全体で動く事態ではないか。そうでもしないと、少なくとも四国の人間の何割かは、文字通り新型コロナウイルス禍については「対岸の火事」のままだ。

 

 

 

あまり関係がないけれど、家にいて退屈な人は、夜のお散歩がなかなか楽しいのでおすすめ。治安の心配はあるけれど、人の少ない道を選んで歩くだけで多少は運動不足解消になる。僕は先ほど3kmばかり歩いてきた。
普段も夜に歩くことはあるけれど、それほど寒くもなく、いつもと違う道をあえて歩くことはまた別の楽しみがある。わざわざそんなことを普段はしないから、新鮮な気分。

 

 

海 (新潮文庫)

海 (新潮文庫)

 

 

*1:【やっきり】[副詞](する)
頭にくる。腹が立つ。イライラする。じれったい。悔しい。
「やっきりする」と「スル」をつけて使われる。愚痴や嘆きの言葉として使われる。

*2:しかもスタンプを貯めるわけでも限定品が手に入るわけでもない商品券の福引き。