徳島ラーメン

ここ数週間、週末にやりたいことの半分もできずに土日が終わってしまう。困ったことだ。

それはともかく、今日は徳島ラーメンというものを初めて食べた。

なるほどこういうものか。
博多、札幌、といった地名がついたラーメンは多々あるが、徳島のそれはどちらかといえば少数派だと思う。少なくとも、日本全国あちこちの幹線道路沿いにあるわけではない。徳島ラーメンの存在は知っていたが、今まで食べる機会が無かった。

 

 

https://www.instagram.com/p/BuQ2leSAxzB/

 

味はまあ、きちんとしっかり美味しかった。
ふーんなるほど美味しいなー、以外の感想が無い。
しいて言えば「家でも作れそう」とは考えた。麺やスープから自作する趣味人が、教則本から外れて最初のオリジナルレシピで作るラーメンっぽい。世に溢れる美味しそうなラーメンの要素を加えていった結果の、なんとなくぼんやりした美味しい品、そんな雰囲気がある。

今日は徳島まで行ったわけではない。
香川県の東の外れにまで足を延ばして、たまたまその辺にあったお店が徳島ラーメンのお店だったのだ。

 

香川県讃岐うどんのお店が多いのは有名だけれど(コンビニより多い印象)、ラーメン屋などの安い外食もまた目立つ。人口と街の規模に比して明らかに多い。
たぶん普段から外食が当たり前の土地柄なのだろう。軽めの外食をちょっとそのへんで、という発想というか生活習慣が根付いている。

独り暮らしの身としては誘惑が多くて困ってしまう。
仕事帰りや夕実に、家でごはんを作ることをさぼってしまうのだ。
冷蔵庫の食材は余るし、たぶん身体にも良くないし、なにより財布の現金が減る。
現金が減ると、銀行に行く手間が発生する。あれは時間の無駄だ。

自炊は材料をカード払いで済ませることで、支払いを1ヶ月ほど遅らせることができる点で優れている。
今月に入り、引っ越しから続いた特別支出がようやく収束した。同じ支出なら遅いほうが何かと楽なのだ*1
自炊は単なる節約以外にも色々と利点がある。今日はラーメンを食べながら、なんとなくそんな所帯じみたことを考えていた。

 

大学的徳島ガイド: こだわりの歩き方

大学的徳島ガイド: こだわりの歩き方

 
徳島のほんと

徳島のほんと

 

 

全然関係無いけれど、今日は知らないちびっ子が部屋にやってきて、とてもびっくりした。

 

 8割方、単なるあわてんぼうで常識の無い小学生男子なのだろうが、それでも何か緊張してしまう。昔からこういう基本的なしつけができていない子供はいたし、そういう子供の家には何かしらの問題が隠れているものだが、最近は子育てに関する諸問題が露わになりやすいので、どうにも嫌な想像をしてしまうのだった。

 

オカルト化する日本の教育 (ちくま新書)

オカルト化する日本の教育 (ちくま新書)

 

 

 

*1:新しい勤め先では経理を担っているので、そして毎日勉強中なので、発想が経理っぽくなる。