24GBのメモリ

f:id:t_kato:20151214222056p:plain


iMacの動作に時折もたつきがあり、それが不満でメモリを購入した。
先月にiMacを新調した際には、ちょっと買いづらい価格だったのだけれど、ふと最近見たら、そこそこ普通の値段だった。だからつい、買ってしまった。

元からあった8GBに加え、今回は16GB。全部で24GBとなる。
これがもう、驚くほど快適。パソコン関係で、ここまで目に見えて能力が向上したのは、そしてそれが体感できたのは、たぶん人生初だと思う。もちろん新製品に買い換えれば便利には思えるし、すごいすごいと満悦至極なのが当たり前。でも今回のこの軽さ、速さは別格という感じがする。

Photoshopというのは、しばし待つものではなかったのか。
GoogleChromeは、タブの数に気を遣うアプリケーションだと思っていた。
ファイルの圧縮は、何かしらの別作業と並行しなければいけないと思い込んでいた。

たぶん僕の、日常の不満点の多くが、「メモリ不足」が原因だったのだろう。
不足といっても元から8GB。以前のものに比べたら多い。仕事その他で、もっと多くのメモリを積んだ機械も触るけれど、体感的な快適さでは、このiMacがいちばん。

 

CORSAIR Memory Module DDR3 ノート VENGEANCE SO Series 8GB×2kit CMSX16GX3M2B1866C10


ちなみにメモリ、どういうわけかAmazonでの価格差が大きい。
多くは8GBの2枚組で2万円以上なのに、この商品だけ13000円程度。
今回は、ギャンブルのような気分で買ってみた。2日で届いたし、今のところ全く問題は無い。きちんと保証もあるし、たぶん大丈夫かな、と思っている。包装も簡素で、好印象。

 

というわけで、ようやく満足できる性能になったiMac
しかし24GB。僕が最初に買ったパソコンなんてハードディスクの容量が…なんて話を始めたら、たぶん僕も立派な老人なのだろう。まだそういう話はしない。するかもしれないけれど、人を選んで話す。オタクにもおっさんにも、慎みが必要だと思う。