アルゼンチン映画『人生スイッチ』

雨上がりの静岡市へ、映画を観に行った。
今日はミニシアターで『人生スイッチ』を鑑賞。

なかなか快作というか怪作というか、ブラックな喜劇なのに見応えがしっかりある、面白い映画体験だった。

早いテンポで、6つの短編を見せる、オムニバス映画。
とにかく「ひょんな事から不幸のスイッチが入ってしまった人々」を描いていく。
やや日本人には理解しがたい、南米ジョーク的な笑いの要素が強い。そして下品だったり、殺伐としていたり、とにかく身も蓋もない状況が延々と続く。このあたり、米英やフランスのコメディ映画とは、ちょっと違う。日本の「面白くて哀しくて、最後に温かい涙が」とは、全然違う。
ちなみに「救い」とか「癒やし」とか「ハートウォーミング」の要素は、ほとんど無い。気分が暗くなる、と人によっては捉えるかもしれない。つまり、何も考えずにげらげら笑うのは、ちょっと難しい。

さらにいうと、6短編を終えるとひとつの大きなストーリーが、といった仕掛けも無い。どうしようもない不幸な状況と人々を、綺麗な南米音楽とともに延々と観ることになる。
「これが本当に「アナと雪の女王の興行成績を抜いた」のかよ、アルゼンチン人は理解しがたいぜまったく」と思えてくるが、でも本当にかの国では、大人気だったらしい。

とはいえ、そういうアルゼンチン的なブラックさをわかってくると、やっぱり面白い。飽きずに延々と、他人の不幸や嘆きを(滑稽なものも、見るのがつらいものも)鑑賞し、そして笑えてしまうのだ。

 

そして一番不思議なのは、見終わった後に、なんだか力強さが体に沸いてくること。ほんのりと、でも普段の自分には無い、南米的なエネルギー感。

これはあれに似ている。南米文学
南米の近代文学をたまに読むと、やはり違和感が多くて完全には没頭できないのに、でも人生の活力とか、世界の強さみたいなものが伝わってくる。完全に個人的な効能だが、でもそれがこの映画にもあった。

もう一度、映画館で観てもいい、とさえ思う。
こんな変な映画は久しぶり。「いつか起承転結の“転”が来るだろう。このろくでもない状況から、世界の優しさと奇跡へと転換するに違いない」と期待して、でもそんな場面は一切無くて、そのうえで映画館を出た時に元気になるなんて、なかなかできる体験ではない。
子供の頃、深夜にうっかり見始めてしまった「わけのわからないフランス映画」が、説明不可能な強い印象と睡眠不足を残していったように、この映画も、タイトルは忘れても、心に残りそう。
初々しいデート向きではないけれど、家で親しい人と鑑賞するにも良さそうな気はします。
この映画の良さを、きちんと説明できる教養が欲しい、と今は思っている。月並みな表現だと「とにかくおすすめ、カトウ的には」です。

 

人生スイッチ

人生スイッチ

 

 

https://instagram.com/p/8H_LVEGMR3/

さて、映画の後のおやつは、「マーニーズ」の「ベイクドシフォンケーキ・バター味と、コーヒー。
バターの塩気が、軽くトーストしたような黄色いシフォンケーキと生クリームに加わり、実に美味しい。コーヒー用の味、だと思う。

それ以外は、買い物をしたり、大型ショッピングセンターで迷ったり(駐車場が広すぎるのだ)、本を買って、休日が終わった。
やや眠く、しかし読書はしておきたい。本当は他にも片付けたいことが多々あるが、それはもう諦めた。休日はToDoリストのためにあるわけではないのだから。

 

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。