猫ゼリー&似顔絵ケーキ

実家の近所に、かわいらしいケーキ屋さんが開店した。
この田舎では、なかなか珍しいこと。オープン当初から小奇麗で、素人っぽさが無いところは、さすがに有名店の支店といったところ。

今日ははじめて、その店に行ってみた。
タルトとコーヒーゼリーを買った。味は、まあ美味しいと思う。格別な味、とはいかないまでも、知人の家にお土産で持っていくには十二分の役割を果たせる。ケーキマニアの集いには力不足かもしれない(甘党紳士界ではお世辞は通用しないのだ)。

https://instagram.com/p/430IjBmMbM/

これがコーヒーゼリー。

買う時は「なにこれかわいーやだー猫だー猫だー!」と思った。
でも箱を開けてみたら、最初は何を象っているのかわからなかった。色々な向きで眺めて、猫を見出すのに数十秒かかったことを告白する。
コーヒーゼリー部分はあくまで苦く、その下のチョコレートムースは濃く、シナモンの風味もする。猫は生クリームで、きっちり甘い。見た目よりも大人向けの美味しさだった。

 

 

この店では、バースデーケーキなどに、似顔絵やアニメ・キャラクターのイラストを使うことができる。僕は正直、魅力を感じないが(あれは著作権的にはどうなのだろう)でも小さな子供などは喜ぶのではないか。
この店の場合、見本写真の半分くらいが「政治家や有名人の風刺画」だった。あれらは本当に商品として売られていったものなのだろうか。それともパティシエの練習用に、適当な画像を参考にしたのか。
ジバニャン」や「仮面ライダー」に混じって、安部総理や森元首相やウイリアム王子のケーキがある広告パネルは、それはそれで素敵だと思った。土井たか子氏のケーキなんて、いつか買ってみたい気もする(でも食べづらい)。

 

わりとメルヘンな店なのに、その一角だけが「田舎の有名人:貼り紙や工作で社会現象を風刺する風変わりなおじいさんタイプ」の雰囲気を発していた。

この種の不完全さこそ、静岡県における美学なのだ。粋人は欠けた椀を尊ぶという。富士山は宝永山があるからこそ美しい。
僕としては、ガチガチのイギリス菓子専門店にも憧れるのだが、そういう完璧さは「都会に行けばいい」と静岡人は考える。そのために新幹線があるのだ、と。

 

 

 

 

静岡百景

静岡百景

 

 

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。