「もみの木」の、夏みかんとマンゴーのかき氷

http://instagram.com/p/rqpsgYGMXS/

以前はオーガニック・スイーツの店だった「もみの木(藤枝市)」が、いつの間にかオーガニック・カフェになっていた。
この店、ケーキ屋だった頃からイートインスペースでかき氷を売っていて、ケーキ屋だけに華やかで具だくさん(?)のそれは、夏の間の楽しみだった。そのかき氷がカフェになってからも食べられると知り、先ほど行ってきた。

昔から、ちょっとやり過ぎな位にオーガニックを追求する店だった。カフェでもやっぱり、ガチガチのオーガニックぶりを発揮していた(全体に茶色っぽい)。オーガニック信仰を悪く言うつもりはないけれど、経皮毒とか酵素とかマクロビオティックとかEM菌とか、そういう諸々を際限なく取り入れていく姿勢はかなり苦手。好きな人にはたまらないのだろうが、僕としては美味しいケーキとかき氷を食べる為に、色々と我慢する部分の多い店ではある。特にイベントのフライヤーや他の店のカードを置いてあるコーナーは、意識して目を逸らす必要がある。
ともあれ、かき氷はかき氷である。年に一度は、この店の品は食べておきたい。

今日は「夏みかんとマンゴー」を注文した。
氷は薄くふわっとしている。マンゴーの味よりも、夏みかんを強く感じる。知らずに食べたら夏みかん味だと思うかもしれない。凍らせたベリー類がたくさん散りばめられていて、酸味が心地良い。本当は「ルバーブとイチジク」を食べたかったけれど(品切れだった)これはこれで十分に美味しい。
昔のようなフルーツとゼリーが盛りだくさんの豪華版ではなくて、どちらかといえば鄙びた風味の地味な品。とはいえ、お店の雰囲気にも合っていて、ナチュラル系かき氷として高水準にあると思う。

近くの席で食べられていたフルーツピザが妙に美味しそうだったから、次はピザを食べたい。

 

 この本を買った。人に薦められた。まだ読んでいないし、どのような本なのかも把握していない。でも表紙がとても素敵で、とりあえず机の上に置いて時々眺めている。

はい、チーズ

はい、チーズ