ベトナムカフェにて「チェー」を食べる。ベトナムコーヒーも飲む。

 
ベトナムコーヒーを淹れる。ベトナムのデザート、チェー。これはココナツミルクにフルーツとタピオカとプリン。山の上のベトナムカフェにて。
暑くて暇なので、山の上のほうにあるベトナムカフェに行ってみた。
川の畔、木も生い茂っているせいか、やはり下界よりは涼しい。30℃より少し低いだろうか。
この前はメニューが限られていて仕方なくフォーを食べた。今日はきちんとデザート系メニュー(といってもチェー1品目だけ)があった。
チェーとベトナムコーヒーを注文。
今日はわりと賑わっていて、店主さん1人では大変そうだった。TV番組の取材班も来ていた。


ベトナムコーヒーは、自分で淹れる方式。
お湯を少量注いで蒸らしてから、適量を上から注ぐ。これを「好きな量どうぞ」と言われるのだけれど、適量がよくわからない。
たぶん大丈夫、という目分量にして、あとはコーヒーが落ちるのを待つ。幸い、溢れるような事は無かった。
下のカップにはコンデンスミルクがたっぷり。しかし混ぜないと溶けないから、僕はそうっと少しかき混ぜて加減した。
なかなか美味しいコーヒーだった。
10年以上昔、アジア雑貨が流行っていた時代に、このベトナムコーヒー用アルミドリッパーを購入したことがある。
安かったし、紙フィルターが要らないから、便利だと思ったのだ。
しかし説明書き通りにやっても、あまり美味しくできなかった。いつか本式の味を知りたいとは思っていた。
ベトナム旅行でも何度か飲んだが、どこの店でも淹れたものを運んできたから、どういうやり方が正しいのかはわからなかった。
どうやら僕は、コーヒー豆をたくさん入れすぎていたようだ。細挽きの豆を、ほんの少しで良い。

そう理解したものの、あのベトナムコーヒードリッパーはどこかにしまって無くしてしまった。まあ、飲みたくなったらこのお店に来れば良いから、かまわないのだけれど。




チェーも美味しい。
このお店のチェーは、甘いココナツミルクに、タピオカパールやライチやミルクプリン、それにマンゴーがたっぷり入っている。
なぜか街のエスニック・カフェでは、かき氷系のものしか見ない。
ベトナム旅行の時によく食べたのは、今日のようなタイプ。かき氷のものは、衛生の問題もあって、ガイドさんが薦めてくれなかった。
具沢山かき氷のチェーよりも、このココナツ汁粉みたいなほうが好き。
常温で薄甘いココナツ風味がとても良かった。

ベトナムハンモックカフェ ライチ
藤枝市瀬戸ノ谷5639
090-9896-7989
不定休


小惑星に挑む
小惑星に挑む
posted with amazlet at 13.08.13
あさり よしとお
白泉社

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。