誤報に驚く

帰宅して一息ついたところで、かばんの中から聞き慣れない音が。
近所の家からも、母の部屋からも同じ音がする。外では防災無線が、いつもと違う放送をはじめた。
これはおそらく地震速報ではないかと、ようやくスマートフォンを見る。
奈良県で地震、との表示。
奈良県の地震で静岡まで警報が出るのは尋常ではない、と焦ってテレビをつける。
しかし甲子園では普通に野球をしているし、どこかが揺れたという報道もなかった。

誤報だったようだ。
インターネット上では、この誤報について怒っている人もいる。「こんな事では、実際に地震が来た時に動けないではないか、オオカミ少年になってしまう」と。
しかし自分の場合は、今回の速報を受けて特に有効に動けた訳ではないし、逆に「なるほどこういう音が色々なところからするのだな」と判ったので、良い経験になったと思う。
この種の警報装置は、多少センシティブになっていたほうが良いとすら思える。
たぶん気象庁の担当者も、頭は下げながらも(誰かが謝らないと収まらないのかもしれない)、次はもっと上手くやろうと思っているのではないか。



相変わらず、あちこちから夏野菜が届く。今日はパプリカとズッキーニ、それぞれ巨大なものをいただいた。
パプリカはさっと火を通して皮をむき、ズッキーニは油で炒め、それぞれ南蛮漬け風にした。唐辛子や砂糖の量を変え、パプリカはスパイシーに、ズッキーニはさっぱりとした味付けに。
庭のナスは焼きナスにした。僕はナスが苦手だが、作るのは問題ない。家族が食べる。
そしてトマトも収穫した。トマトはどれだけでも食べられる。家族の目がなければ、トマトだけで夕食を済ませてしまいたいくらい。好きというより、楽なのだ。




世界を変える日に (ハヤカワ文庫 SF ロ) ここは退屈迎えに来て

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。