ハロウィーン考

 


ミスタードーナツのハロウィンドーナツ。




昨日、大きな買い物をしたので、今日は小さく節約をするつもりだった。
しかしミスタードーナツに季節商品が並んでいて、おやつに食べてしまった。
ハロウィーンをモチーフにしたドーナツたち。かぼちゃ色をしている。
2つ選んだ。パンプキン・オールドファッションと、ジャック・オ・ランタンを象ったもの。



オールドファッションは、ちょっとだけかぼちゃ風味がする。色もついている。しかし多少の変化があるだけで、全体としては普通のオールドファッションだった。
ジャック・オ・ランタンのほうは、プレッツェルをもそもそさせた感じがして、なかなか美味しい。定番にしてほしいくらい。
 


しかしショッピングモールはハロウィーン一色である。
10月は目立った行事が無いから、お店としても取り組みやすいのだろう。
なんとなく、コンビニで売られる恵方巻きを思い出す。こういうものは、企業が主催するお祭りのようなもので、盛り上がりたい人達には嬉しいのだろう。
しかしディズニーランドでお膳立てされるのならともかく、文化的背景を欠いたままで「幽霊騒ぎ」をして面白くなるのか、ちょっと気になる。
多くを祀るのは庶民の強さだけれど、そもそも祭祀や神様に興味が無いから、どうしても外側から眺める気分になってしまう。でも甥や姪が仮装して楽しんでいたら「わあ可愛い」と思ってしまうだろう。
それにしても10月末のイベントに、今から盛り上がりすぎではないか。クリスマスみたいなものか。





「屍者の帝国」を読み終えた。
本を最後まで読んだあとにいつもなる、ちょっとほわっとした気分は何なのだろう。
ともあれ、良い本だった。言葉と意識というテーマが最後に円環のように繋がるのが見事。
続編が出せそうな終わり方だったけれど、期待できるのだろうか。



ところで、「自分の読み終えた(お気に入りの)本を、図書館の蔵書にしてほしい。寄贈するから」という思いというか願望を友達に話したら、笑われてしまった。
それは本好きの発想だという。良いアイデアだと思ったのに。








t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。