かばんの中身を整理する

これは人生最大の惨事でもう駄目だ、といえる出来事があって激しく落ち込んでいるが、その事はもう少し落ち着いてから書く。
今日明日にどうなるものでもないし、予測はできていたことなので。
というわけで、日常はそれなりにこなしている。
今日はジムにも行った。「グリーンカフェラテ」という、不思議な組み合わせの飲み物(抹茶+エスプレッソ+ミルク)も飲んだ。







大きめの肩掛けかばん

久しぶりにかばんを空にして、中身を吟味した。
だいたい以下のものが入っていた。
今使っているのは、いちばん大きな布の肩掛けかばん。
パラフィンコーティングされていたが、洗濯したら普通の綿布になってしまった。でも厚手でしっかりしている。大昔に、奈良の「クルミの木」で買った(ateliers PENELOPEとタグにはある)。

  • カメラ(SONY-NEX5)
  • カメラの交換レンズ(広角)
  • 予備のメモリーカード(32GB)
  • カメラの予備バッテリー
  • レンズ拭き
  • バッグインバッグ(カメラ入れとして使用)
  • ボールペン
  • 小さなカッターナイフ
  • 印鑑(ネーム印)
  • 薬入れ
  • ミントタブレット
  • 小説(幽霊をつかまえようとした科学者たち)
  • 単行本(森見登美彦の京都ぐるぐる案内)
  • 靴の小冊子(パンフレット)
  • ショップカード3枚
  • 名刺4枚
  • レシート5枚
  • 映画の半券3枚
  • 映画鑑賞後に貰った携帯ストラップ
  • 薄手の綿の手提げ袋(いわゆるエコバッグ)
  • 財布
  • iPod touch
  • 携帯電話


概ね以上の品物が入っていた。
ハンカチやティッシュがそれぞれのポケットに入っていて、重複している。
品目を数えると多いように見えるが、できるだけバッグインバッグにまとめて、畳んだエコバッグや本だけを直接入れているので、それほど散らかってはいない。
カメラと交換レンズだけでずいぶん体積を占める。
細かな紙類も多かった。ほとんどは捨てた。
文具や小物は無印良品が多い。
メモ帳はiPod touch導入後はほとんど出番が無い。でも稀に、無いと困る。
携帯電話をかばんに入れっぱなしの時は多い。でも、iPod touchは基本的にズボンのポケットに入れることが多い。
自転車に乗るときにちょっとかさばるけれども、大抵の買い物はこれに入るので、しばらくはこのかばんを使う。






今日はこの本を買った。「髪結いの亭主」の監督が映画化するらしい。静岡で上映するだろうか。

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。