想いの欠片

今日は通院の日。
採血をした。
昔はそうでもなかったが、30代になってから、腕の血管が目立たなくなった。
献血もできないし、今日もベテランの看護師さんが2人がかりで見て、結局「たぶんここでしょう」という場所に針を刺した。
妙に痛かった。それに採血の後に5分くらい血が止まらなくて困った。



先日の人間ドックの結果が悪く、「胃カメラで詳しく調べましょう」と言われていたので、予約をした。
鼻からカメラを入れるらしい。口からよりも楽と聞いた。
なんにせよ、色々と検査をするのは(されるのは)嫌いではない。





病院の帰りに、また「モミの木」に行って、カキ氷を食べた。
今日は宇治金時。
「並盛」にしてもらった。
それでも普通のお店以上の量がある。上に乗っているアイスクリームがボリュームを増している(このアイスがまた美味しい)。
抹茶寒天と、甘く煮た大粒のアズキと、栗の渋皮煮が乗っていた。
餡ではなくて粒アズキというのは珍しい。
「今年の宇治金時についてはもう思い残すことはない」と考えるほどに満足した。
とはいえ、まだ暑い日は続くだろうから、カキ氷は食べるだろう。




お昼ごはんが宇治金時だったため、かなりはやい時刻に空腹になった。
でもオヤツは食べていない。カキ氷ダイエットである。

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。