プリンタ壊れた

昼間は穏やかに過ごしたが、夕方からトラブルが多い日だった。


久しぶりに、友達のお店のショップカードを製作した。
データ自体は問題なく出来たが、試し刷りをしたら具合が悪い。
何故か用紙送りが上手くいかない。


調べてみたら、紙をプリンタの中に一枚ずつ送り込む機構が悪いようだ。
どうしても、途中で紙が止まるか、2枚送られてしまう。




分解して、清掃して、電源を入れ直す。
直し方のわからない機械のトラブル対処法は、この3点くらいしか無い。
工場で機械ばかりいじってきたので、この辺のやり方は心得ているつもり。
ただし、家庭用インクジェットプリンタというのは、分解し辛い作りになっている。ネジではなくて、プラスチックの爪ではめこんである部分が多い。



苦労して分解して、めぼしいところを水拭きして、組み直した。
上手く働いていない部分がわかったので、その辺りは入念に清掃した。


さきほどテストをしたら、ようやくまともに動くようになった。
これから年賀状等も作るので、直ってほっとしている。
一時期はプリンタの買い替えまで検討していた(インクの備蓄が多いので考え直した)。


ただし、定期的に紙を送るローラーを水拭きしなければならないようだ。
時々、手があいたときに綿棒で拭く。
実に面倒くさい。
そろそろ寿命かもしれないが、気に入った機種なので、もう少し長く使いたい。






修理の合間に、お風呂に入った。
昔友達から貰った焼き物のサイ(手のひらに乗る大きさ)が、ほこりにまみれていたので、風呂で洗うことにした。
湯船に浸かりながら、何となく手で撫でていたら、右手が血まみれになった。
浅い傷だが、びっくりした。
焼き物の何処かに、尖った場所があったらしい。


風呂から出て、血をぬぐっているところを母親に見つかってしまった。
どうしたのか聞かれたので「風呂でサイが…」と説明したら、変な顔をされた。
気の毒な息子と思われたかもしれない。






他にも面倒なことが立て続けに起こっている。
本は何処かへ消え、書類は書き損じた。
シュレッダーは一旦動くと止まらない。
印鑑はベッドの下へ転がっていった。
パジャマのボタンは外れた。そして今、裁縫セットを探しているが、見つかる気がしない。
こういう日もある。