8分でできるコーヒープリンと、もう少し時間がかかる今日のお弁当。

今日のおやつはコーヒープリン。

たまご、豆乳、砂糖、インスタントコーヒーを用意して、混ぜて濾して1分の加熱を終えたところで7分。その後に30分ほど保温調理*1をして、粗熱を取ったら冷やして、食べる前には自作ラムレーズンのシロップ*2を垂らして完成。
2時間後には食べることができる。今日は冷やしすぎてしまった。

なかなか美味しくできた。全ての材料を目分量にしてもプリンなら間違いなく作れそう。固さ(舌触り)の調整もできるだろう。

 

 

 

そして今日のお昼ごはんはこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/B7XlyePATfa/

  • 鶏肉とローズマリーのピラフ
  • 鶏ささみのスパイス和え
  • プチトマト
  • キャベツやニンジンや紫キャベツの酢漬け
  • イワシと舞茸の酢煮

色合いについては、もう諦めている。
イワシは昨晩煮たものの残り。お弁当に使えるのは今の季節だけだろう。
プリンは8分でできるが、作りおきの品を詰めるだけのお弁当は、もう少し時間がかかっている。朝ごはん作りと並行した作業だから仕方がないのかもしれないけれど、もう少し効率化できるのではないか、といつも思う。
斧を研げば早く伐採できるのにその暇が無い樵の話を思い出す。ちょっと状況が違うか。
とにかく、冷蔵庫に詰まった保存容器からいくつかを引っ張り出して、台所の作業スペースに積んで、ちまちまと詰める作業に時間がかかっている。朝食の後に食卓を使うと早い、と誰かの本で読んだことがあるから、こんど試してみよう。

今日は夕方にはシャワーも浴びて、やることは済ませているので、とても夜が長い。先程まで読書をしながらうたた寝をしていたくらいに余裕がある。
でも夜ふかしはしない。今から寝る。おやすみなさい。

 

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

 
後藤由紀子の家族のお弁当帖 (正しく暮らすシリーズ)

後藤由紀子の家族のお弁当帖 (正しく暮らすシリーズ)

 

お題「今日のおやつ」

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

 

 

*1:真空保温調理鍋シャトルシェフ。毎日のように使っている。

 

 ところでどうして「シャトル(杼)+シェフ(料理人)」なのだろう。スペースシャトルの頃に売り出されたからか。

*2:ラム酒に少しの黒糖を加えたもの。