片付けモードとカブとクマ

帰省が近いので、朝も帰宅後も掃除や片づけをしている。
洗濯はある程度溜めて明日以降に済ませるつもり。掃除だって普段からしているから、特にこれといった大仕事は無いのだが、なんだか気ぜわしい。今日やらなくてもよい洗濯機のクリーニング(酸素系漂白剤っぽい薬剤で外槽と内槽を薬洗する)も済ませてしまった。

 

となりのロボット

となりのロボット

 

 

冷蔵庫の中身もできるだけ減らしておきたい。
つくりおきの惣菜を食生活の中心にしていると、こういう時に困る。帰省日が近づくにつれてメニューが滅茶苦茶になっていく。
夕食は、食パン、鶏団子と根菜のスープ煮、小松菜のナムル、牛乳だった。学校給食っぽい。

 

小川洋子と読む 内田百閒アンソロジー (ちくま文庫 (う-12-26))

小川洋子と読む 内田百閒アンソロジー (ちくま文庫 (う-12-26))

 

 

 

ちなみに昼食はこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/B6hbfVkgPOn/

  • 雑穀ごはん
  • カブの葉と天かすと人参とシラス干し
  • だし巻きたまご
  • カブと金時人参の浅漬け
  • もやしと揚げ玉ねぎのカレーマリネ

カブが手つかずで余っていた事を示す献立である。
軽く火を通したカブの葉とゴマ油とごま、細かく切った金時人参、天かす、削りイリコ、しらす干しを混ぜて、ごはんに乗せる。
天かすとイリコに少しの塩を足すと“讃岐うどん風”を名乗れるのだ、と以前行った居酒屋で聞いた。ここまで野菜が多いと全く讃岐うどん感は無いけれど、普通のオニギリに天かすとイリコ粉を混ぜるだけで、確かにそういう味わいになる。本来はうどんの汁を使った炊き込みごはんにするらしいが、粉で十分。ワカメやネギ、おろしショウガも合うのは、まさに讃岐うどん

今日は見慣れない形のしめ縄を買った。
四国は、あるいは香川県は、しめ縄が安い。そして、中部地方とは形がまるで違う。実家へのお土産にこの種の縁起物というのは変かもしれない。

 

小箱

小箱

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」