明日は平成の日

普通の日曜日、普通の休日。

手袋を買いに外出した以外は、ほとんどアパートで過ごした。
やることは沢山あるが、まるで進まず。
図書館で借りた本*1と、Amazon電子書籍を交互に読んでいるだけで時間がどんどん過ぎていく。

外は雨、そして寒い。昼間で10℃以下はちょっとめずらしい。
こんなに寒いのならば、どこか暖かいお店でコーヒーでも飲みながら読書をすれば良かった。部屋ではどうしても、居眠りもするし、室温調整に気を取られる。

 

クリスマスが近いせいか、ここ数日は肉類が安い。
安いというか、塊肉が多く売られていて、選択肢が増えている。だから今から、いくつか肉料理を作る。それで今日はおしまい。

今週を乗り切れば冬休み。
明日が祝日だったら良いのに。平成天皇(現在の上皇)の誕生日だったから昨年までは休日だった。二重権威を防ぐために祝日から外した、とのことだがよくわからない。12/23の休日は権威によって保障されていたのだろうか。
つくづく天皇制とは厄介なものである。おそらく、庶民の素朴な支持とは関係のない部分で、持ち上げられたり落とされたりしている。歴史のあちこちに顔を出す血統の方々は総じて扱いが難しいのは世の必然ではあるけれど。そして厄介だからこそ面白い。

 

国民主権と天皇制 (講談社学術文庫)

国民主権と天皇制 (講談社学術文庫)

 
国民の天皇―戦後日本の民主主義と天皇制 (岩波現代文庫)

国民の天皇―戦後日本の民主主義と天皇制 (岩波現代文庫)

 

 

コーヒーといえば、昨日は自転車屋兼カフェの「Marks」に行ったのだった。

コーヒーは好みの味。量がたっぷりなのも嬉しい。
ガトーショコラは、ほんの少し塩気がある独特の味だった。有塩バターだろうか。
本格的な自転車店が併設されている小さなお店で、お客さんは自転車趣味の人ばかり。正直なところ、僕のようなのんびりサイクリングの人間は肩身が狭いのだが、それはそれとして居心地は良い。

goo.gl

*1:『三体』を読み始めた。とてもおもしろい。