帰省の準備

連休中に帰省することにした。
可能ならば明日の夕方に出発する。夕方発、夜中着。すると土曜日から静岡で過ごせる。
土曜日の早朝に四国を発っても良いのだけれど、半日ほど昼間の時間を移動のみに費やすのはなんとなく勿体ない。

というわけで今、帰る準備をしている。
といっても土産は明日買うし、部屋もそれほど散らかっていないし、完璧な片付け具合にしたいという変な欲を我慢すれば、大して作業は必要ない。
冷蔵庫の中のものも、明日の朝に消費すればなんとかなるだろう。2日か3日、部屋を空けるだけなのだから。

今から洗濯をする。
忘れないうちに、ベランダの植物にも水を与えておこう。

 

 

椿宿の辺りに

椿宿の辺りに

 
鳥と雲と薬草袋

鳥と雲と薬草袋

 

 

 

今日のお弁当はこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/B4RHHuiAI8r/

  • 豆ごはん
  • 目玉焼き
  • 根菜の煮物
  • メンチカツとコロッケ
  • 紅白なます
  • リンゴのコンポート

メンチカツとコロッケはスーパーマーケットで買ったもの。二段重ねは美しくない。
リンゴ、今年は濃い赤色の秋ナントカという品種が多くて加熱調理に使いやすい。煮ると全体に色が広がるので。
それ以外は作り置き、あるいは朝ごはんと同じものばかり。今週はわりと“作り置き”と“朝の準備”そして消費のバランスが上手く行った。突発的といえる明日からの帰省を考えるとタイミングも良い。

たぶん普段が作りすぎているのだろう。今週は小豆島に行ったぶん、料理の作り置きが疎かになった。それくらいでちょうど良いのだ。あるいは毎日、きちんと料理をしなければならないということだ。

 

海うそ (岩波現代文庫)

海うそ (岩波現代文庫)

 

 

 

まあいいや、とにかく洗濯をして、お風呂にも入って、帰省用の荷造りをして、寝ます。

 

帰省 (文春文庫)

帰省 (文春文庫)