カツレツと台風と母からの連絡

台風来たる、ということでできるだけ家にいるつもりだったけれど、朝から昼にかけては、風こそ強いが雨はほとんど降っていなかった。せっかくなので外出した。

 

https://www.instagram.com/p/B1L49UuAsie/

 

工作の材料を買ったついでに「Cuit」でお昼を食べた。
いつも混んでいて、細い道と狭い駐車場で混乱している小さなレストランだが、今日はさすがに空いていた。

でも数量限定の「パエリアのランチセット」は品切れだった。さすがだ。

自分はいつも通り、ワンプレート+パンのセットにした。
選べるメインはポークカツレツ(チーズ入り)で、2つ選べるサイドメニューの「デリ」は、キッシュと、タコとキュウリとセロリのマリネにした。

メインからしてきちんとした量で、サラダなどはかなり多い。
だからお皿がテーブルに届くと「多すぎるなあ」と思う。でも食べ終える頃にはこの量が嬉しくなってくるし、家でサラダを食べる時にもこれくらいの量が無いと物足りなくなる。

どれもこれも間違いなく美味しい。こういう店をひとつかふたつ知っておくと日常がきらきらする。家では作れないものを食べたい時に大変よろしい。せっかく香川県にいるのだからと「うどん屋」リストばかり充実するのだが、もちろんうどんばかり食べるわけにはいかない。それに、個人経営のうどん屋さんは、お盆期間は全然開いていないのだ。台風が来るのなら、なおさら。

 

 

 

パスタぎらい (新潮新書)

パスタぎらい (新潮新書)

 

 

 

 

 

さて夜になってから警報やら避難勧告(年寄りや病人)ががんがんと鳴り始めた。スマホの天気予報・災害警報アプリからの通知が数分おきに更新されていた。今になってようやく落ち着いてきた。

そして実家の母からLINEが届く。
自分が昼に外にいたことについての苦言。昼に連絡を受けたときに「いま外にいるから…」と返信したのだった。
母は台風の日に外に出るということが「信じられない」人なのだ。
もちろん香川の細かな状況は知らず、ニュースで「四国全域が暴風域」と知って、心配してくれているのだから、文句を言ってはいけない
それでも、こなれていない文章で、なんだか責められているような事を言われると、ちょっと反論したくなる。というか、普段SNSや仕事用のメッセンジャーツールで文章のやりとりには慣れているので、その勢いで言い返しそうになる。LINEの返信をする時に、その「きちんと言葉を選んで反論する」というマインドセットを自覚して、ああ嫌だとスタンプのみで返信をした。親を論破してどうするというのだ。

 

 

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ (ブルーバックス)
 

 

晩ご飯は質素にうどん。
普通はさっと茹でて使う野菜(もやし、豆苗)と味の濃い肉類(今日は肉味噌)、それと薬味になる野菜、ピーナッツ、魚醤の類、胡麻油とレモン、刻んだ夏野菜があれば、エスニック風のまぜ麺が簡単にできる。うどんは電子レンジで温めた後に洗う。
鶏卵の塩漬け、ウリ、細切りのズッキーニも使える。
火をほとんど使わず、作り置きで対応できて、洗い物が少なく、そしてなんとなく手抜きに見えないところがいい。
静岡の「MAHOROBA」で楽しんだ料理がかたちを変えて今の暮らしに役立っている。

 

うどんの国の金色毛鞠 1巻 (バンチコミックス)

うどんの国の金色毛鞠 1巻 (バンチコミックス)

 
うどんの国の金色毛鞠 2巻 (バンチコミックス)

うどんの国の金色毛鞠 2巻 (バンチコミックス)

 

 

お題「ちょっとした贅沢」

お題「ひとりの時間の過ごし方」