パンケーキ(厚い)の日

自転車で郊外を探検していたらカフェというか喫茶店というか、とにかく看板にパンケーキと書かれた店を発見した。店名は「Fleur」という。

 

ちびくろ・さんぼ

ちびくろ・さんぼ

 

 

唐突に、そうだパンケーキを食べよう、と思った。
それまで全然そんな事を考えていなかった。家に帰ればオヤツも用意してあるし、まだ用事だって済んでいない。雨だって降りそう。でも食べたいのだ、パンケーキが。
凶悪事件後の警察発表で「ついかっとなって」という表現があるが、それに似ているのかもしれない。もう少しキレイな表現を選ぶのならば、一目惚れが近いのかも。
とにかく、ごく稀に、そういう瞬間があるのだ*1

 

冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

 
冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

 

 

パンケーキは好きだ。大好物と言っていい。
最近はあまり食べる機会が無かったけれど、「香川県パンケーキ情報」は自身のGoogleMapにプロットしてある。
外食のほとんどは、まず事前情報を元に日時を決めて訪れる。そういう意味でも、今日は本当に珍しい行動だった。

 

 

でこぼこホットケーキ (世界文化社のワンダー絵本)

でこぼこホットケーキ (世界文化社のワンダー絵本)

 

 

お店は店主1名でやっている、と看板に書かれていた。
パンケーキは分厚く、おそらく型に入れてオーブンで焼き上げるタイプだろう。なのでこれは、時間がかかる事を示している。

お客さんの少ない時間帯だったからか、気になるほど待たされる事なく、紅茶(アールグレイ)とパンケーキはテーブルに届いた。

 

https://www.instagram.com/p/BzLALnogt98/

 

表面がさくっとして、中はしっとりというか少し粘りが感じられる、面白い食感だった。
ボリュームがあって、添付のアイス(数種類から選べる)やバター、メープルシロップをそれぞれ組み合わせて食べても十分な量。パンケーキそのものはあっさりしていて、何かを付けるとちょうど美味しくなる。なので、この大きさは大正解である。

自転車散策の中継地点としても良い場所にある。
個性たっぷりのお洒落なこだわりのお店でもなく、かといって昔ながらの垢抜けない喫茶店でもない。気に入った人達が普段使いするにはぴったりの店だと思う。
そして自分もまた、近いうちに訪れたい。
良いパンケーキと良い紅茶、そして良いお店だった。

 

 

 

お題「今日の出来事」

お題「ひとりの時間の過ごし方」

*1:僕が幼児で、そしてイオンにいたら、寝転がって足をばたばたして「パンケーキたべたい!」と泣いていただろう。「今日たべたい、今食べたい!」と騒いでいたと思う。