ローズマリーと雨とクレジットカード

ローズマリー

前の仕事でお世話になったご夫婦からお茶のお誘いがあった。コーヒーを飲みながら近況報告をしてきた。
雑談中に、実はわりと近所に住んでいる事が判明した。
庭にローズマリーがもっさり生えていて、好きなだけ摘んでいって良いと許可をいただく。事前連絡もお礼も不要とのこと*1。有難い。

というわけでさっそく帰りに立ち寄らせてもらって、そのもっさりしたローズマリーの枝を何本か貰ってきた。

先ほど、一部を料理に使った*2
残りは全て挿し木にする。水切りもきちんと行い、清潔な土を用意し、失敗に備え置き場所を分散させるなど、なかなかに手間がかかる。
自転車で10分の場所なのだから、必要になったら摘みに行けば良いのではないか、わざわざ過酷なベランダで育てる必要があるのか、といった疑問が今になって湧いてきた。

ローズマリーは丈夫なハーブだが、何かの拍子に枯れることもあるので油断ならない。手間を考えると、ご近所に植えてあっていつでも入手できる環境が最適ではないかと、厚かましい事を考えてしまっている。

 

 

風が強いなあ、と思っていたら雨が降り始めた。
洗濯カゴの充填率は7割程度。今から洗濯をしても無駄とは思えないけれど、もう数日溜めても全然平気。
さてどうしよう。
風が強いし、室内干しでも乾きそうな服ばかりだが、今日と明日は雨というタイミングで洗濯機を回すべきか。なにしろ暇なので、こういう変な余裕が生じて、逆に検討事項が増えてしまっている。

 

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

 

 

クレジットカード

昨日の書留は、更新されたクレジットカードの配達だった。
アパートの家賃を指定されたクレジットカードで支払うことで信用(敷金・礼金・保証金)の代わりとするシステム。毎月それなりの支払が生じるので、ゴールドカードへの無料切り替えを勧められて、試してみたのだった。
ゴールドといっても大した特典は無い。よくわからない。なにしろ普段は家賃専用なので。年会費などが無いから、プラスもマイナスも無い感じだ。
出費が予想される引っ越しの前に普段使いのカードもゴールドカードに切り替えてみたが、ポイント付与率などが少し違う程度で日常生活で実感は無い。

どうにもクレジットカードというものを使いこなせていない気がする。「支払が翌月になり、ATMに行く回数が減るツール」としか認識していない。

そういえば、今回更新されたカードは、番号の最終4桁が、とても覚えやすい番号だった。「1234」とか「7777」みたいな番号。実用上の利点は無いけれど、昨日の不可思議な「チャンピオン です」はこの事を指していたのかもしれない。カード番号の数字にチャンピオンも何も無いとは思うが、とにかく珍しい事態ではある。

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

 

*1:でも何かしらお礼はしなければ。帰省後に土産を持っていくつもり。

*2:ジャガイモとベーコンの蒸し焼きに加えた。