友来る、島へ渡る。



f:id:t_kato:20190518223521j:image

遠方より友人たちが遊びに来た。

ほとんどノープランで、香川県を案内する。朝食は讃岐うどん、それから船に乗って豊島へ。どうしても連れて行きたかった「特別な場所」へ行く。つまり、「心臓音のアーカイブ」と「豊島美術館」に行く。

いつも単独行動かつ機動力の確保(折り畳み自転車またはレンタルの電動自転車)および綿密なスケジュールを準備しているので今日はかなり勝手が違う。土曜日なので混雑もしている。結局、直島までは行けなかった。

でもとびきり楽しい。独りだったら、たぶん「あれもこれも見ることができなかった」と後悔していただろう。

 

しかし豊島美術館、やはり素晴らしい。今日は風がごうごうと吹いていて、枯れ葉や小枝が舞っていた。それも含めて“絵になる“世界だった。


f:id:t_kato:20190518223436j:image

夕食は「しるの店 おふくろ」に行った。居酒屋っぽい、というか「食事もできる繁盛店」なので1人では行きづらかったのだ。良いお店でした。

まず汁物(味噌汁)を注文するスタイル。お酒を注文しない人はごはん(数人でお櫃ひとつを分けても良い)も頼む。それから壁の居酒屋的な品々を頼んだり、カウンターのおばんざいを注文する。

どれもこれも美味しかった。白味噌の豚汁なんて初めて食べたけれど、すごく気に入ってしまった。近い内に、独りでまた行きたい。


f:id:t_kato:20190518223445j:image

今は「仏生山温泉」で一息ついているところ。今日はよく歩いた。

 

瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイドブック