とびきりのランチと、家事の1日目

連休1日目。

今回の10連休は途中で仕事も挟むし、どこかに行く予定も無い。
でもずるずると無為な日々を過ごすのも勿体ない。かといって初日から予定を詰めるのもまた違う気がする。なかなか難しい中年の独り暮らしである。

とりあえず行きたかった映画はパス。
月曜日のメンズデーか、レイトショー割引に行くことにした。焦ることはない。午前中は、家でAmazonの無料映画を観て過ごす。

 

 

 

昼は高松市の「キュイ」で食べた。
ここはカフェご飯なのに量が多い。しかし、いわゆるドカ食いの感じは全然しない。美味しいものはたっぷり食べたいよね、というお店からのメッセージを(勝手に)感じている。
プレートに付いてくるパンもしっかりした大きさ。ご飯を選んだ時は、量の増減に応じてくれるようだ。

https://www.instagram.com/p/Bwv4_w2g_HT/

 

今日は豚ヒレ肉のグリルがメインのワンプレートランチを注文した。
この肉の焼き加減が絶妙。
家では絶対に作れない。こういうものを食べると嬉しくなってしまう。カウンターから見ると、狭い厨房でご主人がオーブンを駆使して多数の料理を併行調理している。
夫婦2人で切り盛りしていて、いつでも満席のお店。グルメサイトのレビューでは愛想が悪いとか色々書かれているけれども、状況を見れば文句を言うのは筋違いだと僕は思う。
熱いものは熱々で、温かいものはほかほかの状態で料理が出てきて、もれなく美味しい。注文時の質問にもきちんと答えてくれるし、その受け答えも適切。世間一般のカフェにおける丁寧な接客ができていなくても、何ら不都合は無い*1。むしろ妙な押し付けが無いぶん居心地が良い。これ以上何を望むというのか。

ランチのプレートでは小さなおかず「デリ」を2つ選べる。今日は品切れ寸前の時間に入店したので選択の余地は少なかったが、それでもずいぶん迷ってしまう。
フレンチとかイタリアンっぽい品が得意なお店かと思ったら、ベトナム料理風の品もきちんとベトナム的だったから素晴らしい。
メインが豚肉、選んだデリも「鶏肉とヒヨコ豆」「肉団子とベトナムっぽい生野菜の和え物(名前を失念)」と、肉肉&肉となってしまった。でも全然後悔していない。

 

このお店、いかにも高松市郊外という雰囲気の細い路地と住宅地の一角にある。そして駐車場は少ない。出入りに難儀している車をよく見かける。
というわけで、今日は自転車を使った。河原かどこかに車を停めて、歩いていくのも気持ちが良いと思う。古い家と田んぼ、合間に最近の宅地と風景がなかなか面白いので、周辺を散策するのも楽しい。

良いお店です。お腹を空かせていくのがおすすめ。

 

 

 

午後はホームセンターに行ったり、スーパーマーケットで買い物をして過ごした。
毛布の洗濯や、積んである本の整理、そしてリラックスチェアのカバー制作なども行った。

今、2回目の洗濯をしている。隣接する全ての部屋が留守なのは確認済み。休日の夜はそれなりに人の気配がするアパートだが、今日はとても静か。夜更かしをするつもりはないけれど、もう少し家事と工作を進めてから寝る。「家事スイッチ」が入ったので、家事エネルギーを使い果たしてから1日を終えたいのだ。

 

DYLON マルチ (衣類・繊維用染料) 5.8g col.17 ネイビー [日本正規品]

DYLON マルチ (衣類・繊維用染料) 5.8g col.17 ネイビー [日本正規品]

 

 

 

 

 

*1:はじめは面食らうかもしれない。が、面食らった側が常に正解というわけでもないだろう。