ボラのお刺身

 

https://www.instagram.com/p/BwMfM6ugjQF/

 

朝からお仕事。
他社のイベントのお手伝い、ということで昼間はずっと外にいた。暖かいが風は冷たい、変な日だった。

イベントでは色々なものをいただいた。
地元の銘菓や野菜、それに飲み物。果物(いちご)が1番嬉しい。

 

瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイドブック

 

 

日没前には仕事も終わった。帰路にスーパーマーケットに寄る。
休日出勤を労うために、今日は晩ご飯の手を抜く。
つまり、食べたいものを適当に買って食べる方針で、買い物を進めていく。

結果として夕食はこんな感じになった。

  • ボラのお刺身
  • カボチャのスープ
  • フライドポテト
  • レタスとレモンのサラダ
  • 胡麻豆腐

もう滅茶苦茶である。
アメリカの田舎者が東洋思想にかぶれてパーティーを開いたような内容。カボチャはお弁当用に下拵えしたものを使い、フライドポテトは冷凍の品。サラダだけはきちんと作った。

でもまあ、いちおう美味しかった。
ボラの刺身は人生初だと思う。
子供の頃からボラは釣ってきたが、自分も家族も基本的には食べない。河口域で釣ることが多かったからか、「泥臭い」として釣っても逃がす魚だった。
旅先で味噌煮や煮付けを食べた記憶はあるが味の印象は薄い。
今日は半身で140円、他の魚に比べて破格に安い。自分で刺身として切る手間こそかかるものの、思う存分食べることができる。

「ボラはワサビ醤油でも、唐辛子醤油でも旨い」みたいな文章をどこかで読んだ。今日は両方を試してみた。好みでいえばワサビ醤油だが、一味唐辛子を入れた醤油も面白い味わいだった。上手く説明できないが、別の魚みたいに感じる。
身の味そのものは、さっぱりしていて、さほど特徴があるわけでもない。ご馳走として珍重されないタイプの刺身かもしれない。厚く切るべきか薄くすべきか迷って両方試したが、自分にはどちらでも良いように思えた。

また買うか、と問われると少し考えてしまう。でも、たぶん買う。
安価で量も多く、刺身用とはいえ他の用途も多そう。いつも見かけるわけではないけれど、見つけたら気楽にカゴに入れてしまうだろう。
外食でメニューにあった場合は、よほど推奨されない限りは他の(もう少し豪華な感じの)魚を選ぶ。

 

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)

 

 

 

先ほど洗濯を終えた。明日は雨とのことで室内干しを行う。
今とても眠い。気がつくと寝てしまいそう。頑張って、歯磨きと洗濯干しを終えなければ。