ぽえんぐ22分

先日、IKEAで買った椅子「ポエング」を組み立てた。

僕の住まいは1Kのアパート。
部屋自体はそれなりに広い。それに、壁一面がクローゼットなので収納は十分で、大抵のものは詰め込める。さらに、ベッドとパソコン用のデスク(自作、大きい)以外に家具も無いため、かなりがらんとしている。
代わりにキッチンのある部屋は棚やツールワゴンなどを充実させて、かなり実用本位というか、物が多い印象。ダイニングテーブルの上には何も置いていないけれど、棚には趣味の工具から台所用品まで色々と詰まっている。

 

https://www.instagram.com/p/Bv1mUsiA_GT/

 

そのベッドがあるがらんとした部屋に、ようやく「リラックスして座る椅子」を置くことができた。
今まではベッドで寝ながら読書をして寝落ち、あるいは床にヨガマットを敷いて工作をするなど*1、部屋でくつろぐにはいささか侘しい状態だった。

ソファやデザイナーズチェアも考えていたが、今回はIKEAの定番、ポエングを買ってみた。
ソファは重い。デザイナーズチェアは古いものをダイニングで使っている。せっかくなので“21世紀前半の日本らしい椅子”として、ポエングにしたのだった。

さすがIKEA、組み立てはとても簡単。
ちょうど洗濯機を回していて、その残り時間の表示で作業時間を計ることができた。開梱から組み立て、片付けまでが、なんと22分で完了した。
しなるフレームの組み合わせ構造なので、ネジ止め箇所自体が少ない。
でも、それだけではない。迷う要素がほとんど無い設計(間違えることができない接続構造)と、わかりやすく形になっていく手順が早さの秘訣だと思う。
何年も使う家具だからそんなに早く組み上がらなくても良いのだが、簡単に組めることは壊れにくいので、これはこれで嬉しい。

 

 

突破するデザイン

突破するデザイン

 
IKEAマニアック

IKEAマニアック

 

 

自分の使い方だと、オットマンは買わなくて正解だった。
先ほどから座って本など読んでいるが、ずいぶんと楽だ。寝ながらだと本の重みや首の向きが気になるが、椅子ならば自然な姿勢で読めてしまう*2

椅子については「上を見ればきりが無い」そして「自分も高級な品の価値を認める*3」ので、いつかはジョージナカシマの椅子を買いたいところ。とはいえ、この6500円くらいで買えてしまった安楽な椅子でも十分に満足である。

 

さて、今日のお弁当はこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/Bv07auRAgGP/

菜の花の昆布締めが美味しくできた。
ご馳走ではないがしみじみ良いもの。大昔のku:nelに「なんでも昆布締めにする土地」が載っていた。全然関係無いが、高松市には「ku:nel」という喫茶店がある。いつか行きたい。しかし雑誌の名前をそのまま使うというのは大丈夫なのだろうか。ku:nel、たぶん商標登録されているだろうに。

 

 

 

 

 

ku:nel (クウネル) [雑誌]2003.11.1

ku:nel (クウネル) [雑誌]2003.11.1

 

お題「今日の出来事」

 

*1:ヨガマットは便利だ。布でカバーをしたら薄手のクッションになる。そのままなら工作や手芸の作業スペースに使える。

*2:パソコン用のオフィスチェアでは読書をしない。目の前にモニターがあるのは集中の妨げになる。

*3:仕事で関わっていたこともあるし、現代アートと建築を知ると、自ずと椅子が視野に入るものなのだ。