キッチン・キュイ

高松市の郊外、新田町の目立たない場所にあるレストラン「キュイ」に行ってきました。
仕事で関わった人から教えていただいたお店。実はGoogleMapなどの情報で店名は知っていたものの、こんなに良いお店だとは思っていなませんでした。
今日は他にも色々あったのだが、「キュイ」のことだけを書こうと思います。それくらいに良かった。もし高松市やその近辺の人が読んでいたら、騙されたと思って行ってみてください。ただし駐車場は少ないし、店も広いとはいえない点は覚悟して。
何度も書きますが、良いお店でした。はー。

 

 

カジュアルなレストランというか食事中心のカフェというべきか、まあそういう小さなお店です。
朝はモーニングメニューもあるみたい。
ランチタイムのメニューには数種類のプレート(パスタ、米料理:今日はイカスミのリゾット、パンかご飯とメイン数種類)を選ぶのが基本となる様子。小鉢くらいのおかず、いわゆる「デリ」を2種類選択するのが共通システムです。デリは10種類くらいあります。

僕は「イチボのグリル」とパンのセットを注文しました。

https://www.instagram.com/p/Bufbq4jgAZL/

イチボのグリルは結構な量があります。ポテトや玉葱、コーンもたっぷり。
ミートボールと豆のペーストの美味しい何か、美味しいケークサレ、豆と肉の煮込みっぽい何か、僕は食べ物の名前をすぐに忘れてしまうのですが、とにかく美味しいデリを3種類*1
写真には写っていませんが、しっかりした量感のパンが1つ付いてきました。

どれもこれも本当に美味しい。カフェごはんのふりをして味はもっと本格的。

そして量が多いです。写真に収まらないくらい。
この量についてはレビューサイトで否定的なコメントもあったけれど、なにしろ質も良いのだから僕にとっては嬉しい限りなのです。
サラダさえ大きいです。むしゃむしゃぱりぱりと食べ続けることになります。

確かに全てが多いし、最後には絶対に満腹になります。
しかしこの満腹感はすなわち満足感であり、旅先で美味しいものを食べたときに「食べ過ぎちゃったなあ、おやつが入らないなあ困ったなあ」というタイプの“多い”なので、やはりこの店の長所だと思うのです。大食いメニューのそれとは違います*2
以前、一緒に働いていたイタリア人に「君の国の料理、特にコース料理はちょっと多過ぎではないかね」と聞いたことがあります。「美味しいものはできるだけ多く食べたいじゃないか」という回答でした。ふと思い出しました。

 

四国のカフェ・喫茶  四国旅マガジンGajA(ガジャ) MOOK

四国のカフェ・喫茶 四国旅マガジンGajA(ガジャ) MOOK

 

 

 

それにしてもココット皿からはみ出るミートボール、こういう小さな器の料理で「今日食べたい十分な量」を食べるなんて本当に珍しいです。普通、美味しいものは食べ終えても「あと少し欲しい」と思ってしまうでしょう。この店は全ての料理で「ああ喰ったぜー」となるのです。

 

今日はコーヒーもケーキも注文しませんでした。が、カウンターから眺める限りではケーキがとても美味しそうだったので、次は必ず食べます。カウンターといえば、ご夫婦(たぶん)2人で切り盛りしているお店ということもあり、その小さめの厨房を見ているとそれだけで楽しめます。てきぱきしていて上手いもんだなあ、と感心しているうちに料理が来ます。

 

こういうものが普通のカフェごはんと同じくらいのお金で食べられるのです。良いお店を見つけました。良い土曜日でした。

 

せとうち すてきな旅CAFE 森と、海と、島のカフェ案内 岡山・香川

せとうち すてきな旅CAFE 森と、海と、島のカフェ案内 岡山・香川

 

 

 

 

*1:追加料金で1種類増やしてもらった。

*2:馬鹿みたいに大きいラーメンなどもそれはそれで楽しいとは思います。