ことでんつうきん

雨、そして休日出勤。
雨の日は自転車には乗らない。まともなレインウェアを持っていないし、寒いし、楽しくない。それにアパートから徒歩5分のところに駅がある*1

 

おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

 

 

というわけで電車に乗って出社する。
都市型のローカル線で発車間隔はそこそこ。車両は古くてかわいい。いつも自転車で走る道と時々交差しながら走るから、風景に見覚えがあって楽しい。

電車を降りてからアーケード街を数分歩くだけで職場には到着する。
所要時間は、自転車も電車もあまり変わらない。待ち時間を考えると、自転車のほうが手っ取り早い。それに、自転車ならば寄り道もできるし、買い出しなど外出の時も便利だ。

実は電車通勤は人生初。雨天限定の、ちょっと特別な時間だ。

ちなみに雨の日の大半は車で通勤する。
職場の近くに1日停めるのと、往復の電車賃を比べると、駐車料金のほうが少し高いけれど、やはり車は便利なので。電車賃と比較検討できるコインパーキングがある県庁所在地の中心街というのは珍しいのではないだろうか。

 

ことでん 仏生山工場

ことでん 仏生山工場

 

 あ、職場に傘を忘れた。帰りは雨が止んでいたので。

 

*1:不思議なことに、電車や踏切の音がまるで聞こえない。発車の時の「ぷぁん」という警笛も聞こえたことがない。