元旦は栗のタルト

明日は明日でやることがあって、だから今日に済ませておきたい事がリストアップしてあって、それは先日あるいはその前から先送りしていた懸案だというのに、特にその懸案事項には手を付けずに、ごろごろと寝て過ごした。それが今日。
こういう年の始まりかたで良いのだろうか。

まあいいや、元旦なのだから。
いわゆる寝正月である。金銭的な無駄遣いをしていないだけ、生産的と言っていい。

 

静岡から四国に引っ越す時には、残すものや次に運び出すもの、静岡での滞在時に使うものなどを、それなりに考えて取捨選択したはずだ。システマチック、と言っていいくらいの体制を整えていた。
なのに一昨日の帰省では、ほとんど準備もせずに適当に着替えだけ持って四国を後にした。余計な出費こそ無いものの、いま実家に滞在していて、ちょっと不便ではある。
特にKindle paperwhiteを忘れてきたのは失敗だった。あれこそ怠惰に年末年始を過ごすには必須のデバイスだった。

 

 

今は普通の8インチタブレットか、あるいはこの日記を書いているパソコン(キーボードをぐるっと畳むとタブレットスタイルになる。ひっくり返すとスタンド代わりにもなる)を枕元に立てかけて、寝ながら読書をしている。どちらも、ちょっと重いし、電池の残量を気にする必要がある。

 

 

 

 

 

 

ずっと家にいるのもつまらないので、午後から少しだけ外出した。
近所の山に登り、富士山を眺める。今日はとても綺麗に見えていた。

静岡市にある浅間神社の参道にも行く。
初詣はしないで、You me Cookiesを目指す。かつてこの店がカフェ(CafeBikini)だった頃から、正月にはここで栗のタルトを食べるのが、唯一といっていい元旦の習慣。
今はカフェではなくて焼き菓子のお店。可愛いアイシングクッキーは行列ができるくらいの人気。お年賀にぴったりだと思う。

goo.gl


ケーキは帰宅してから食べた。
今年も美味しい。写真を撮り忘れるくらいに美味しい。
このケーキのためにコーヒーも吟味して選び、淹れた。怠惰な元旦のなかで、最も努力をしたのが、おやつの準備だった。

 

ではそろそろお風呂に入って寝ます。
今年もよろしくお願いします。
年賀状は四国に転送されているようで、実家には1枚も届いていない。ちょっと寂しい。でもとにかくこんな感じで自分は元気です。

お題「わたしの記念日」