はじめての模様替え

引っ越して1ヶ月も経っていないけれど、模様替えを実施した。
今ようやく片付いて、そして日付が変わる。

部屋はキッチンとリビング(というかベッドも置く部屋)の2つ。
キッチンのある側に収納や生活用品を全て集約してある。ベッドのあるほうは壁一面がクローゼット。反対側にベッド、出窓の前にパソコンを設置した以外はほとんど何も置いていない。9.5平方メートルの床が確保してある。

今日はパソコン(iMac)の付属品、NASルーターや無停電装置もキッチン側に移した。夜中にハードディスクがかりかりと音を立てるのが気になっていた。ランプが消せない機械も多いから、いずれ移そうは思っていたのだ。

それでもまだキッチン側もスペースに余裕がある。ダイニングテーブル、もう少し大きいものを買っても良かったかもしれない。
このアパート、家賃は安く、部屋が妙に広い。
単身者用ということで探してもらったのだけれど、靴箱も大きいし、間取りや設備に不自然なところが多々ある。他の住人がどういう家具の配置をしているか、一度見てみたいものだ。

 

黒い家

黒い家

 

 

 

 

さて寝ます。ひたすらお惣菜を作り、お弁当の下拵えをして、ついに指先を切ってしまった。いま、人差し指を使わずタイピングしている。とても不便。
野菜スライサーで指を切るのは人生で何度目だろうか。あと何回、指を切ればいいのか。

 

 

香川のカフェ

香川のカフェ

 
四国の美しい店

四国の美しい店

  • 作者: 福岡美穂
  • 出版社/メーカー: collabohouse publishing
  • 発売日: 2013/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」