映画「GODZILLA 星を喰う者」とか色々

退職に関する諸手続のため市役所やハローワークに行くも、会社が用意する書類が揃っておらず全ては完了しない。
辞めた会社にあれこれ言いたくはないが、怠慢だと思う。役所の人も「ちょっと遅すぎる」と注意の電話をしてくれた。
自分も含む「旧メンバー」のほとんどが辞めるにあたり、今まで我々の経理を請け負ってきた親会社の数人が仕事を引き継ぐことになった。ここ数ヶ月、本当にどたばたしてきた。
これ、受け継ぐ側は面白く無い話ではある。我々が揃って辞めた結果、上司からいきなり畑違いの仕事を振られたのだ。でも、だからといって退職に関わる経理や総務の仕事に手を抜くのは止めて欲しいものだ。退職後の手続きというのは間を空けるとそれだけ退職者の不利になる。そして経理部門が工夫をすればかなりの部分で前倒しの処理が可能なのだから。

 

夕方まで強い雨が降っていて、傘が無いと外を歩けない。
うっかり傘を持たずに車で出かけたので、お昼を食べるつもりの店に辿り着けなかった。駐車場からお店まで数分間歩く。これは痛恨のミスだった。
結果として昼食は食べていない。野菜ジュースを飲んだのみ。しかし旅行ではどうしても食べ過ぎが続いたから、こういう休息期間は必要だと思う。

 

カゴメ 野菜生活100 オリジナル 200ml×24本

カゴメ 野菜生活100 オリジナル 200ml×24本

 

 

 

 



手続きなどで忙しかったけれど、合間に映画を観た。
GODZILLA 星を喰う者」、3Dアニメーションのゴジラシリーズ最終章。2章まで観た惰性で、いちおう観ておく。ちなみに、このシリーズは小説版がなかなか面白かった。
なるほど綺麗にまとめたなあ、と感心する。
特にキングギドラのデザインと強さ(強さの理由付け)はとても上手くアレンジしている。3本首が身体から生えて、コウモリみたいな羽と二足歩行というキングギドラ、普通に描いたら滑稽になってしまう。全体に細く、強力な光線を吐くわけでもない。でも圧倒的に強いのだ。実写版よりもSF色を強める必要もある。
オチもなかなか良かったのではないか。
1章から延々と、主人公とその周辺の人達に魅力を感じなかったけれど、きちんと楽しい日本風SF映画に仕上がっていた。しかし「何だこれは!!!」「解析不能だ!!!」が多い映画だったなあ。他にも似通った台詞が何度も繰り返された気がする。

 

 

 

そんな感じの金曜日。
夜は、友達に会ってお土産を渡し、パソコンを介して旅の写真を見せつつ土産話をした。今はとても眠い。この眠気の山を越えると夜更かしモードに切り替わる。それは身体に悪いので、寝ます。おやすみなさい。

 

 

お題「今日の出来事」