ガラパゴス旅行記 サメと泳ぐ、イグアナとも泳ぐ。




f:id:t_kato:20181105112744j:image


今日もまたガイド付きのツアーに参加した。というか基本的に資格のあるガイドがいないと、ガラパゴス諸島ではどこにも行けないのだ。

 


f:id:t_kato:20181105112825j:image

 

船に乗って別の島やビーチに行き、説明を聞きながら歩く。軽めのトレッキング程度の運動量。

泳ぐのはシュノーケリングが基本。人生初のシュノーケリングを日本語が通じない南半球で行い、あろうことかサメに遭遇した。サメはざらっとしていたが、山葵おろし程ではない。おとなしい種類と知っていても緊張してしまう。

例によって本日も通信環境が良くない。北米でもエクアドル本国でも使えるSimカードを使っているのだけれど、きちんと接続できない時がある。繋がっても速度が遅い。日本では最近聞かない「電波が弱い」状態である。


f:id:t_kato:20181105111314j:image

今回の宿はインターネット環境が無くて(多くのホテルがそうだという。絶海の孤島なので通信コストが高いのだ)画像を送るような時はカフェに行くのが手っ取り早い。カフェはあちこちにあり、とても美味しくて安く、そして無料のWi-Fiが使える。

でも今日はもうコーヒーを飲む気分では無いので、遅い通信速度を我慢しながらこうしてスマホで日記を書いている。

 

先ほど夕方を食べてきた。昨日も行った屋台街。安くて美味しい。最後の夕食、奮発してロブスター(アメリカのロブスターではなくて所謂イセエビ)を食べた。20ドル程度。他のメニューは10ドルから15ドル、ステーキのプレートはもう少し安い。


f:id:t_kato:20181105113052j:image

通信環境が無いと夜は本当に暇だ。ナイトクラブやバーは多いし、レストランだってずいぶん遅くまで開いている。でも全部、僕には縁がない場所。

幸い、良く歩き、そして泳いだので、夜はすぐに眠くなる。念のため持ってきた睡眠薬は使っていない。肩こりさえ軽減している。

街のかたち、ツアーの仕組み、宿の使い勝手、それらが脳内で定まった頃に帰国となる。もったいない、でも仕方がない。


f:id:t_kato:20181105113022j:image