ガラパゴス旅行記 ニューヨークJFK空港の彷徨

今日は完全なる移動日。今こちらの時計で21:21。

 


ニューヨークのJFK空港にて5時間ほどの待ち時間を経て、今度はエクアドル行きの飛行機に乗り換える。今はその待ち時間。もう出国手続きも済ませてゲート前で待機している。ちょっと眠い。

昨日は飛行機にのって食事(ハヤシライスとサラダと魚の南蛮漬け、チョコレートムース)を摂ったあとは寝て過ごした。目を覚ましたらまた食事、今度は吉野屋の牛丼。
そしてアメリカに降り立ったら18時、ちょっと眠い。

今から乗る飛行機は夜中に飛び立ち朝に到着する。
少しだけ食べておきたいし、せっかくだから人生初の北米大陸も楽しんでおきたい。
というわけで、広い空港内を巡るモノレール(環状線)であちこち移動したり、ぶらぶら外を散歩してきた。

国際空港の外というのはどこも似たようなもので、物流倉庫とジャンクション以外はほとんど何も無い。

 


JFKの場合、小さな軽食屋さんがあったのでそこでピザとスムージーを買ってみた。
ピザは大きく、味は普通。
スムージーはきちんとフルーツをミキサーに入れて作ってくれて、とても美味しかった。これで10ドルと少し。安いのではないか。

ちなみにどの店でも、ダンキンドーナツであっても「ハロウィンフェア」みたいな事はやっていなかった。街では違うのかもしれないけれど、もしかして「猫も杓子も」な行事では無いのかもしれない。

 

ではそろそろ飛行機に乗ります。
今日はとりあえず無事だった。成田からニューヨークのボーイング777は快適で、幸運なことに隣の席は空いていた。窓際だったら言うことはなかったのだが贅沢は言うまい。

明日の朝はエクアドルのキト空港、そこからグアヤキル行きに乗り換えて、ようやくホテルに到着する。今どういうわけかとても眠い。これは、時差対策の調整が上手く行っているという理解で良いのか。