さぬきうどんと美味しいパン、サラダとナッツとカットフルーツ。

午前中は上司と簡単なお仕事。
そして次の勤め先の打ち合わせにも同行する。これはまあ、横に座って話を聞いているだけだから、ほとんど”工場見学”みたいなものだ。こんな時間で給料が発生するのは申し訳ないくらい。

早めのお昼ご飯は、さぬきうどん。
上司は高松市の人だけあって、市内どのエリアにおいても「良い店」を知っている。
今日訪れた「かしむらうどん」も素敵なお店だった。

サイドメニューの揚げ物があまり選べない。こういうタイプのお店もあるのか。
上司も、それから他のお客さんもおでんを数本選んでいた。自分もそれに倣う。
冷たいうどん、すだちと大根おろしと生姜が乗っている。名前は忘れた。
シンプルで美味しい。出汁が効いて、塩気は薄め。なるほどこれなら天ぷらが無くてもバランスが取れている。他のものを足さなくても成立するタイプだ。

上司もそうだが、香川県の人達は食べるのが早い。
今日はその速度だけでも真似してみようと試みた。だがしかし、上司が食べ終えた30秒後に自分も丼を空にできたのだけれど、口全体にうどんが詰め込まれただけで、咀嚼も嚥下もできていない。これではハムスターだ。しかも上司は「大」で僕は「小」だった。

うどん、いつか自分も「飲むように」食べることができるのだろうか。
蕎麦だってそうめんだって、すするのは苦手なのだが。米は「お百姓さんに感謝して」とか非論理的な説明付きで噛むことを良しとするのだから、麺だって噛めばいいじゃないか、と個人的には思うところではある。僕の代わりに麺の製作者が「感謝」を込めて捏ねているのだとしたらその理屈も通らないのだけど。

goo.gl

 

そういえば、ひとつ良いことがあった。
宿の近くに美味しいパン屋さんを発見した。
ブーランジェリー クリムギ」という小さなお店*1。外観は真面目な個人経営の焼き立てパン屋さん、しかし並んでいるものはどれも垢抜けた、本格的なものばかり。失礼だが、周辺の雑然とした街並みの印象もあって、ちょっと意外に思えた*2

goo.gl

いくつか買って食べてみた。どれも美味しい。
フランスパンみたいな生地で細長い、普通はオリーブを入れるやつ、あれのヘーゼルナッツ版があった。これが本当に気に入ってしまって、しかし明日は日曜日で定休日なので、ちょっと悲しい。
この街に住んでから、また買いに行くと思う。栗林公園から歩いていける、良いお店。


それから全国の志あるパン屋さんにお願いがあります。
このナッツ入りの細長いパン、積極的に真似して欲しい。オリーブとナッツを交互に入れてくれるとありがたいです。お願いします。

 

四国の美しい店

四国の美しい店

  • 作者: 福岡美穂
  • 出版社/メーカー: collabohouse publishing
  • 発売日: 2013/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

さて毎日書いているように、ビジネスホテルでの数日間の滞在、かつ引っ越し準備も兼ねている状況では、ひとりの夕食にわりと迷いが生じる。
「そのへんの適当なお店で外食」はこれからのアパート暮らしを考えると積極的に選択したくはないし、「さぬきうどん」も同じ理由で(しかも昼に食べたので)避ける傾向にある。観光客向けの郷土料理という気分でもない。遠出する元気があっても、仕事と転居を考えるとその元気は温存したくなる。


そもそも夕食設定の無いホテル暮らしでは、どうしても不摂生になってしまうわけで、だから「迷ったらスーパーマーケットで野菜と果物」と決めている。
洗わなくても食べられるカット済み野菜(1/2日分を摂取できる)がどのスーパーマーケットでも売られている。容器入りで、とても便利。
ドレッシングの類を必要としないが、何も無いと寂しい。というわけで小袋入りのナッツ(アーモンド、カシューナッツ、くるみ)を混ぜる。無塩のものでもこれで十分に美味しくなる。
食後のお楽しみ、としては同じくスーパーマーケットのカットフルーツを買うことが多い。夕方には早くも割引シールが貼られているから、ちょっぴりお得でもある。

こういうものを、部屋の狭いテーブルでさくさくと食べていく。
1Lの野菜ジュースを数日間かけて飲み、沸かしたお湯で持参したインスタントコーヒー(夜はカフェインレスコーヒー)を作り、そしてこのように日記を書いたり、Webサイトを巡回して過ごす。

まあ、侘しい数日間と言って差し支えないだろう。食べているものだけ書き出せば、意識高いニューヨーカーみたいなのだが、実際は「摂餌」っぽさがある。でも自分としては、侘しさも含めて楽しめているから、これはこれで良いのです。

 

孤独のグルメ2

孤独のグルメ2

 
孤独のグルメ 【新装版】

孤独のグルメ 【新装版】

 

 


明日は引っ越しで、今日もショッピングモールや家具屋に行ってはみたが急いで買い揃える品もなく(疲れた…)、静岡への土産などを買うに留めて、あとはホテルでだらだらしていた。

長め海外旅行では、日程の真ん中くらいにこういう日が設定されていることがある。観光もご馳走も後回しで、軽い昼寝ができるくらいの弛緩した休日。加齢のせいか、旅に休養日が必要になってきた。

 

そして夜。
自宅のNASは引っ越しトラックの中。
元々TVを見る習慣は無いし、この日記を書いているモバイルパソコンはモニターが狭くて不便。だからもう寝ます。やることはたくさんあるけれど、まずは体力回復。なぜなら明日が引っ越し当日だから。夜のお散歩もしない。だって再来週から住む街だから。

 

 

直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた

直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた

 
瀬戸内の経済人

瀬戸内の経済人

 

 

 

 

今週のお題「最近おいしかったもの」

*1:栗林という土地で営むパン屋だから、栗麦なのだと推測。

*2:お店自体はとてもセンスが良い、シンプルで暖かみがあるしつらえです。