チャーシュー麺の日

緊急のトラブルで半日だけ出勤したせいで、午前中に自分の予定を何も消化できない。午後からは雨も降り始めた。
珍しく低気圧による頭痛も生じた。

鬱々とした気分を晴らすべく、遅めの昼食は景気の良い食べ物にしたい。といっても店を探していてはさらにお腹は空いてしまうし、1人で豪華な食事をする気分でもない。
そういえばあの店があった、とバイパス経由で「あきん亭」を目指す。

https://www.instagram.com/p/BoV_IiDhNCw/

 

かつて読んだ小説の影響で、チャーシュー麺は「景気の良い食べ物」にカテゴライズされている。そしてこの店のチャーシュー麺は美味しい。

普通の、昔ながらの醤油ラーメンをとびきりアップデートした味のラーメンに、かなりの量のチャーシューが沈んでいる。
いつも注文した後に気づく。今日も「普通のラーメンでもチャーシューが山ほど入っていたなあ」と出来上がりを待つ間に思い出した。チャーシュー麺ではやや肉が過剰なのだ。

でも良いのです。今日はチャーシュー麺の日なのです。
そしてここ数日はひとつの考え方に囚われている。「四国に行ったらしばらく食べることができない(だから今のうちに食べておこう)」と。
ちょっとした贅沢、不必要な外食について、この「言い訳」をひたすら適用してしまいそうな気がして怖い。そうはいっても帰省もするし、別に大好きで通うような店でもないのだ。

 

しかし10月半ばの引っ越しまで、行くべき店や見たい映画(香川では上映されていない作品も多いのです)や会っておきたい人達については、本当に毎日計画的に“リストをクリア”していく必要はあるのだった。
休暇を取りつつ、なんとか進めていくしかない。
台風のせいだけではない、なんとなくざわざわする休日の終わりを過ごしている。

 

ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景