本を売った(古本屋には行かずに)。

Amazonの古本買取サービスで本を売ってみた。

初回ということで、本人確認の手間が面倒だった。書留っぽい郵便物を受け取る必要があった。

それから梱包。
段ボール箱が指定された受取日までに届く。
そして、受取日には宅配業者さんが取りに来てくれる。伝票などを書く必要は一切無い。
それはとても有難いのだけれど、急な予定変更などがあると、こういう簡単な作業でさえ負担になる。自分の場合は、大きなトートバッグ3つに売りたい本を放り込んでいたから、ただ移すだけだったけれど、それでも夜中に「箱を組み立てて、本を入れて(ちょっと考えたり目を通してみたり)最後に封をする」という作業をが発生して、なかなかに面倒だった。十分に余裕を見たスケジュールを組めば問題無いのかもしれないけれど、そうなると部屋に箱が並ぶことになる。

 

蒐める人―情熱と執着のゆくえ

蒐める人―情熱と執着のゆくえ

 

 

査定は2日で済んだ。
配送日を考えると実質1日だろう。

価格は「ブックオフで処分するより3割ほど高い」と思う。
何かしらのキャンペーンで1割の査定額UPがあったにせよ、まあまあ満足できる値段だった。1万円と少しの臨時収入。
ただし、査定額が1円の本が目立つ。
お気に入りの本を思い切って処分したので仕方がないのかもしれないが(気に入った本の多くは当然ながら古い)、そういう思い入れを別にしても残念な値付けだった。
しかし1円の本だけ取り戻すのも面倒なので、そして片付けが主目的だったこともあり、全部売り払うことにした。

ちなみにAmazonのギフトカード(ポイント?)で支払われる。
だから使い途はAmazonの買い物だけ。電子書籍Amazonに統一しているから、ポイントが余ることはないだろう。

 

新版 谷根千ちいさなお店散歩

新版 谷根千ちいさなお店散歩

 

 

2回目からは本人確認が不要だから、Webサイトで申し込んで、箱が届いて、別の日に渡すだけと、ひと手間減ることになる。
それでもまた使うかどうかはわからない。

お金が目的というより整理整頓のために本を売るので、手っ取り早さでいえばブックオフ、後で買い戻すことを考えると街の古本屋なのだ。
車が当たり前の土地だから、沢山の本を運ぶことが負担にはならない。
片付けたら即、売り払いたい。ならば国道沿いのブックオフが早い。整理した本が部屋の隅に仮置きされているのは、なんだか落ち着かないのだ。

 

 

 

さて寝ます。
明日から色々忙しい。どう忙しいのかは、たぶん日記に書くからわかるでしょう。