大阪旅行1日目(三重県四日市市ー大阪)

旅にはトラブルがつきものだが、今回の大阪旅行は今のところほぼ順調。
午前中、早い時刻に出発し、まずは三重県四日市市に。


これは友人達と会うための寄り道。
会って、お茶して、話して、そしてお別れ。


近鉄四日市駅近くのRadi Cafe apartment でコーヒーとフレンチトーストを喫食。思えば四日市に引っ越した2日目に行った店がこのRadi Cafeで、その時もコーヒーとフレンチトーストを食べたのだった。文化果てる地に赴任した絶望感を2日目で解消できたことは今も強く記憶に残っている。ああ、この土地でがんばれるかもしれない、とわりと本気で考えたことを覚えている。

 

昼には三重を発ち、大阪のなかの大阪であるところの「阿倍野-天王寺-今池」エリアに到着。宿に荷を預け、まずは遅めの昼食として「かすうどん」を食べる。

その後、今回の主目的地である天王寺動物園に向かう。

動物園については後日書く。
あまりに夢中になりすぎて、おまけにNight Zooも楽しんで、今日書いていたら日付が変わってしまう。良い動物園でした。

 

通天閣の近くを散策しつつ、安いふぐ料理店で観光客向けのコースを食べた。


これが初めてのフグだったら「なあんだフグってたいして旨くないじゃん」と思うかもしれない。何度か食べていれば「価格のわりにきちんとフグじゃないか。美味しい」と評価するだろう。実際、コースの小鍋ではなくて、数人で「てっちり」を注文して、ぐつぐつ煮ながら食べるほうが美味しそう。安くても出汁は出るから、常連の人達は追加で「フグのみ、野菜抜き」を注文して食べ続けていた。

せっかくだからと、人生初の「串カツ」と「どて焼き」も体験した。
正直なところ「二度漬け禁止」はもう飽きた。「二度漬け禁止」が看板に大きく書かれている店は避けて、小さいお店に入る。烏龍茶を注文したら「飲めないのなら無理しなくていいよう」と無料の水を勧めてくれた。串カツも安かったし(80円~)、キュウリ(乱切りに塩胡椒が振ってある)もサービスしてもらったし、良いお店だ。店名は忘れたが。

 

そうだ大阪に来たのだから…と宿に戻る前にたこ焼きを買おうかと思ったのだが、考えてみればたこ焼きは静岡でも買えるし(串カツの店も静岡にあるけれど飲み屋なので入りづらい)そこまであれこれ食べなくてもいいじゃないかと気づいて、考え直したのだった。

 

合間に明日の仕事(会議)の準備をしたり、小さな美術展を見たりもした。
夕方にぶらりと歩いた地域が、街も人も飛び抜けてカジュアルで(←配慮した表現)、おおこれがあのサブカル雑誌で特集されていた「大阪のヤバいところ」なのかと何となく緊張した。100円のジュース自販機が多く、コンビニでも自販機でも紙パックの日本酒が充実していて、どことなく東南アジアの「治安が悪いストリート」の匂いがする。そういえば今日歩いたエリアでは、お洒落自転車(あるいは趣味的な自転車)を1回も見なかった。自転車は多いが、ブロンプトンBD-1が1台も無かった。都会なのに、すぐ近くには「あべのハルカス」や芝生の綺麗な公園もあるのに。

 

 

では寝ます。
先程、ゆっくりじっくりお風呂に入った。
自宅から持参したハーブの入浴剤(貰い物)も使った。なにしろ歩いた。普段まるで運動をしていないのにこういう時だけ歩き続けてしまう。今日は「あ、膝に負担がかかっているな」と感じるくらいの無理をしてしまった。明日に疲労が残らなければ良いのだが。

 

 

 

お題「カメラ」

お題「ちょっとした贅沢」