東に歩いてBLT、そして桃のショートケーキ。

車で静岡市の中心街へ行く。

駅の西側にある安い駐車場に車を入れたところで、トランクに自転車を入れていないことに気付いた。
整備および仕事の都合で先週末より倉庫に移していたのだった。

だから歩く。
東に歩きながら、買い物や展覧会や、ただのウインドウショッピングを進めていく。

最東端の目的地である「ALLEE RESTAURANT」は、自転車ならともかく徒歩ではいささか遠い。距離よりも今日はその暑さが堪えた。

先月に購入した帽子がとても役立つ。
最近は駐車場の係員や警備員(初老の男性)が日傘を差して仕事をしているが、確かに日差しを遮るというのは快適だ。
自分は今まで帽子をほとんど活用していなかった。今日は帽子が無ければ、街歩きを断念していたかもしれない。

お昼はALLEE RESTAURANTのランチのひとつ、サンドイッチのプレートを注文した。サンドイッチは定番のBLT。
ベーコンが厚いのが嬉しい。トマトはしっかりしているしレタスの量もちょうど良い。
付け合わせのポテトや小さな料理もこのプレートを注文した時の楽しみになっている。

今日は少し混んでいた。先日、ローカルテレビに登場していたからかもしれない。

 

帰り道はデパートなどを通りつつできるだけ涼しいルートを選ぶ。
普段は歩きながらペットボトルの飲み物は飲まないのだけれど、今日はどんどん飲んでいく。不穏とまではいかないものの、何かしら警戒すべき高気温と湿度であると皆が認識している雰囲気が感じられた。もちろん自分もそう考えての徒歩行動をしていた。

おやつは駅からほど近いMARIATHANKで。
この季節ならではの「桃のショートケーキ」とアイスティー。

甘くてとろりとした桃と、この店ならではの生クリーム(濃厚というか、ちょっとリッチな感じがする)がとても合う。
注文直前までタルトにしようかショートケーキにしょうか悩んだ。半分ずつ、という注文も可能な店だが、今日はフルサイズで楽しみたかったのだ。まさか1個ずつ注文するわけにもいかない。宝くじが当たったらそういう蛮行をするかもしれないが、普段は小市民としてケーキは1日に1個までと決めている。
以前、お饅頭を両手に1個ずつ持って交互に食べていたら阿呆にしか見えなかった。それにたぶん、2個食べても喜びは1.7個分程度になる気がする。それは嬉しくない。

桃のショートケーキを1個注文し、ゆっくりじっくり味わう。それが正しい幸せというものだろう。いや、桃のタルトも食べたかった気持ちも嘘ではないけれど、それは次のお楽しみとして持ち越すことにする。人はそれを希望と呼ぶのだ。

 

 

(文庫)全国かわいいおみやげ (サンマーク文庫)

(文庫)全国かわいいおみやげ (サンマーク文庫)

 
気持ちが伝わるおいしい贈りもの

気持ちが伝わるおいしい贈りもの